7年ぶり全面刷新! スバル新型「レガシィアウトバック」発表! アイサイトX標準装備で414万円から

スバルのフラッグシップSUV「レガシィアウトバック」の新型モデルが2021年10月7日に発表されました。6代目となる新型アウトバックは、どのように進化したのでしょうか。

タフな外観に上質な内装を備えた新型アウトバック

 スバルのフラッグシップSUV「レガシィ アウトバック」(以下、アウトバック)が7年ぶりにフルモデルチェンジし、2021年10月7日に新型モデルが国内発表されました。

 アウトバックの元祖は、2代目「レガシィツーリングワゴン」に設定された「グランドワゴン」として登場(1995年)。2代目は「ランカスター」、3代目からは「アウトバック」として設定され、新型モデルは6代目になります。

 アウトバックは新しいジャンルを切り開き、その後多くのメーカーが次々とSUVやクロスオーバーを誕生させるなど、同ジャンルの先駆けとなりました。

上質感漂うスバル新型「レガシィアウトバック」(リミテッド EX)
上質感漂うスバル新型「レガシィアウトバック」(リミテッド EX)

 新型アウトバックは、ユーザーの人生に寄り添うクルマでありたいという思いを込め、高機能なアウトドアツールと上質なくつろぎ空間を融合。乗る人が出かけたくなる、新しいことを始めたくなるようなクルマを目指して開発されたといいます。

 新型アウトバックは、新しいエンジン、新しいボディ、新しいアイサイトシステムなどを採用。新世代のアウトバックとして唯一無二の価値を高めています。

 外観は、スバル共通のデザインフィロソフィー「DYNAMIC × SOLID」を新型アウトバックのキャラクターに適応させ、「アクティブ&タフ」というデザインコンセプトのもとに、スバルのフラッグシップSUVとして存在感を主張するたくましいスタイルとしました。

 よりアクティブに使える「X-BREAK EX」と上級志向の「リミテッド EX」というふたつのグレードを設定。

 X-BREAK EXはラスターブラックのフロントグリルやダークメタリックの18インチアルミホイール、ルーフレールなどでアクティブさを強調、リミテッド EXはメッキ加飾のフロントグリルや切削光輝の18インチアルミホイールなど、高級感のある仕立てが特徴となります。

 内装は、これまでのスバル車のクオリティを超えた高品質な室内空間を実現しました。

 アクティブに使えるX-BREAK EXには撥水シートをアウトバック初採用するなど、タフな仕様に耐えるアイテムを装備。リミテッド EXには柔らかなナッパレザーをオプション設定し(アウトバック初)、スバル最高の上質感を表現しています。

 さらに、11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイや12.3インチのフル液晶メーターなど、SUBARUデジタルコクピットを標準装備。また、ハーマンカードン製のプレミアムスピーカーをオプション設定するなど、高級感にこだわっています。

 新型アウトバックは室内の前後長を伸ばし、より快適な室内、より広い後席の前のスペースを実現。荷室も奥行きと幅を広げてスバル最大級の広さを確保し、ゆとりある空間としました。

 また、荷室スペースを有効に活用するための装備も追加。スバルエンブレムに手をかざすことでリアゲートを開けることができる「ハンズフリーオープンパワーリヤゲート」や、ワンタッチでポップアップするトノカバーを採用し、手がふさがっていても使いやすい荷室を提供します。

 なお、最小回転半径(5.5m)やミラーtoミラーの寸法は従来モデルから変えず、取り回しの良さはキープしているのも新型アウトバックの特徴です。

【画像】これはイケメン! アクティブでタフな新型アウトバック登場(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント