15年ぶり刷新 トヨタ新型「タンドラ」はどんな巨大トヨタ車? V6搭載 「TOYOTA」グリルも刺激的! 米で発表

トヨタが2021年9月19日に世界初公開した新型「タンドラ」は、どんな仕様が設定されるフルサイズピックアップトラックなのでしょうか。

デザインのテーマは「テクニカル・マッスル」

 トヨタの米国法人は、同社のフルサイズピックアップトラック「タンドラ」を全面刷新して、2021年9月19日に世界初公開しました。正式発売は2021年後半を予定しています。

 15年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型タンドラですが、どんなピックアップトラックとして登場するのでしょうか。

トヨタ新型「タンドラ」
トヨタ新型「タンドラ」

 新型タンドラは、ショートキャビンのダブルキャブ仕様とロングキャビンのクルーマックス仕様がそれぞれ提供されます。荷台長は、ダブルキャブ仕様が6.5フィート(約2m)または8.1フィート(約2.5m)、クルーマックス仕様が5.5フィート(約1.7m)または6.5フィートです。

 新型タンドラのデザインはトヨタのアメリカのデザイン発拠点「Calty Design Research」で実施され、「Technical muscle(テクニカル・マッスル)」というキーワードが掲げられました。

 角のあるラインと洗練された筋肉質なデザインが、表現されているといいます。

 ボディはラダーフレーム構造が継承されたほか、シャシ全体に高張力鋼が採用されたことで、従来モデルからさらなる剛性向上を実現。

 搭載されるパワーユニットは、3.5リッターV型6気筒ツインターボと、同エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドで、ガソリン仕様は最高出力389馬力・最大トルク479lb-ft、ハイブリッド仕様は最高出力437馬力・最大トルク583lb-ftを発揮します。

 新型タンドラの最大けん引能力は1万2000ポンド、最大積載量は1940ポンドを実現。

 さらに、新開発のマルチリンク式(リジッドアクスル)リアサスペンションの採用により、乗り心地や直進安定性も向上したということです。

 利便性や快適性を向上させる装備として、スマートフォン連携に対応した14インチタッチスクリーンやパノラマムーンルーフが用意されるほか、予防安全機能では「トヨタセーフティセンス2.5」が全車に標準装備されます。

 グレード展開として「SR」、「SR5」、「リミテッド」、「プラチナ」、「1794」、そしてフロントフェイスにTマークではなく「TOYOTA」エンブレムが配された「TRD Pro」を設定。各グレードの価格は発売が近づいたら発表されるということです。

 トヨタ最大のピックアップトラックである新型タンドラの登場に、期待が高まります。

 それではここでクイズです。

 米国におけるトヨタのSUVのラインナップにおいて、もっとも大きなモデルは次のうちどれでしょうか。

【1】ヴェンザ

【2】ハイランダー

【3】4ランナー

【4】セコイア

※ ※ ※

 正解は【4】の「セコイア」です。

 車名が、米国に自生している世界一の高さに成長する巨木に由来するというセコイアは、現地のトヨタSUVラインナップでフラッグシップに君臨しています。

 ちなみに、前述の4車種のうち、「ハイランダー」、「4ランナー」、セコイアは日本未発売のSUVとなるものの、「ヴェンザ」は日本でも人気の高いSUV「ハリアー」の米国版モデルという位置づけです。

 また、セコイアはタンドラのシャシをベースにしているため、近い将来にセコイアもフルモデルチェンジすると予想されます。

米国トヨタ・タンドラ の中古車をさがす

【画像】デカさこそ正義!? V6搭載! トヨタ新型「タンドラ」の迫力ボディがカッコいい 実車を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 4ナンバー出せ