スーパーカー豪華本は価格もスーパー! 82万円に急騰した「ミウラ ブック」にフェラーリ豪華本は600万円オーバー

2020年に発売された『ランボルギーニ ミウラ ブック』。当時、400ポンドで販売されていた本ですが、いまや10倍の価格に急騰しているようです。インターネットによって中古品の販売がおこないやすくなった今、クルマグッズの高額転売が活発化しているのですが、他にもスーパーカーメーカーの限定グッズが軒並み高騰中です。

およそ6万円が82万円に!? 恐るべき転売の世界

 人間は限定品に弱い。数に限りがあるから、手に入れられなかった人のなかには多少のプレミアムを支払ってでも欲しいという人が現れる。そして今では、インターネットサービスの進化により、基本的に世界中で誰でも容易に再販活動をおこなえる時代になった。つまりは中古品の流通であり、転売活動の活発化にもつながっている。

 2020年、ランボルギーニ「ミウラ」の生産台数と同じ冊数限定で発売されたのが、『The Lamborghini Miura Book』という本。冊数限定を謳い、前割制度(450ポンドが400ポンド)を導入し、消費者の心をくすぐって見事に762冊を完売した。

好みのシリアルナンバーを付与することができたミウラ ブックは、ミウラの生産台数と同じ762部限定生産だった(C)Kidston
好みのシリアルナンバーを付与することができたミウラ ブックは、ミウラの生産台数と同じ762部限定生産だった(C)Kidston

 あれから1年が経過し、どうなっているのかと思い検索してみると、Hortons Booksというウェブサイトで、なんと5500ポンド(邦貨換算約82万円)という希望販売価格が掲げられていた。オークションではないので入札されたわけではなく、あくまでも売り手の“野心的”な値付けではあるのだが、それにしても高額である。

 高級スーパーカー本といえば、ドイツの出版社Taschenがリリースしたフェラーリ本も、発売当時に話題となった。

 2018年、250冊限定のフェラーリエンジンカバーを模した専用ケース(著名プロダクトデザイナーのマーク・ニューソンがデザイン)と専用スタンドで、3万ドル(330万円、1ドル110円で換算)という価格。もっともケースとスタンドが付かない“廉価版”の1697冊は6000ドル(66万円、1ドル110円で換算)で販売されていた。なにはともあれ、合計販売冊数の1947冊は、フェラーリ創業年にあわせたものだった。

 あれから3年、eBayで販売された専用ケースとスタンド付きの“高級版”は、希望販売価格5万6000ドル(616万円、1ドル110円で換算)が掲げられている。絶対的金額は高く感じるが、こちらは新品と比較して2倍弱という希望転売価格だ。

 個人的には腕時計「アイクポッド」や、フォードのコンセプトカーなどを手掛けた経歴を持つ有名工業デザイナー、マーク・ニューソン作というだけで価値があると思うのだが、思いのほか控えめな値付けだ。

●ダイヤ入りフェラーリの高級本とは

 思い起こせば2011年、本家本元のフェラーリが高級本出版を得意とする「Opus」とコラボしたフェラーリ本は凄まじかった。

「クラシック」呼ばれる“廉価版”が4100冊限定で4100ドル(32万8000円、1ドル80円で換算)。「キャバリーノ・ランパンテ・エディション」が500冊限定で7500ドル(60万円、1ドル80円で換算)、さらにフェラーリのチャンピオンドライバーによるサイン、シリアルナンバー入りの「エンツォ・エディション」が400冊限定で3万7500ドル(300万円、1ドル80円で換算)、そして「エンツォ・ディアマンテ・エディション」が27万5000ドル(2200万円、1ドル80円で換算)で、表紙のフェラーリロゴはダイヤモンドで飾られていた。こちらは各国1冊の割り当てで販売されていた。

 このダイヤモンド付きの豪華本、今のところ中古市場には出回っていないようだ。転売需要がないのか、手放すのが惜しいのか、いずれにせよ、中古市場に出てきた時の価格が気になるところだ。

【画像】1冊およそ84万円となった「ミウラ ブック」を見る(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント