米国マクラーレン リコールを受けてブレーキ性能の高さを証明する結果に

マクラーレンといえば、F1で活躍し、そのノウハウを市販モデルに落とし込んだ英国を代表するスーパーカーメーカー。そのマクラーレンの一部車種が、ブレーキの不具合でリコール対象になったのですが、今回の件は、ただのリコールではなく、少しばかり不思議なものだったようです。

なぜ2年間以上も気づかなかったのか

 速いクルマに欠かせないのは、しっかりと効くブレーキなのはいうまでもあるまい。昨今は、速さの割にブレーキの効きが悪い、というクルマはそうそう見当たらないが、2000年頃までは制動力不足なクルマはチラホラ存在したものだ。そんなブレーキにまつわるちょっと面白い話を見つけた。

マクラーレンGTのブレーキは前367mm、後ろ354mmのカーボンセラミック製ローターを採用。もし該当車でフルブレーキングしていたら、その時もESCがカバーしてくれたのだろうか(C)マクラーレン
マクラーレンGTのブレーキは前367mm、後ろ354mmのカーボンセラミック製ローターを採用。もし該当車でフルブレーキングしていたら、その時もESCがカバーしてくれたのだろうか(C)マクラーレン

 2021年6月、アメリカで届けられたマクラーレンのリコール情報が衝撃的なのだ。2019年7月8日から2020年3月15日の間にかけて生産された「570S」1台、「600LT」1台、「マクラーレンGT」7台、「720S」10台の合計19台のブレーキに問題がある可能性が指摘されたのである。

 ブレーキホースとブレーキキャリパーを接続する「バンジョーボルト」と呼ばれる部品の内部に、ブレーキフルードが通る本来あるべき“穴”が存在しないものがサプライヤーから納品されていた、というものである。つまり、ブレーキペダルを操作をしてもブレーキホースからキャリパーに伝わる油圧は皆無で、ブレーキは一切効かないということを意味する。

 問題が発覚したのは、2020年式のマクラーレンGTをアメリカから仕入れたクウェートのディーラーが、試乗中にブレーキング操作をしたところ、車両が真っすぐ止まらないことに気づいたからだった。

 車両を点検したところ、バンジョーボルトの欠陥を発見。マクラーレン本社へ問い合わせたことで部品メーカー「グッドリッジ社(英国)」の調査、そしてリコールへとつながった。

 穴がないバンジョーボルトがどのように検品工程をすり抜けたのかは、不明である。

●車両安定制御システムが優秀過ぎた!?

 なお、アメリカのマクラーレン・オーナー19名からブレーキの不具合の報告は上がっていなかった。もっとも古いもので2019年7月8日生産、納車されたのが翌月と仮定すると、約2年も気づかなかったことになる。

 考えられるのは、マクラーレンの車両安定制御システム(ESC)ぐらい。もしくは、納車後にガレージに飾られていて一切走行していないか。しかし、後者は常識的に考えにくい。

 つまり、1輪の制動力不足を3輪のブレーキとトラクションコントロールが補ったとしか考えられない。よほどのハードブレーキング時以外は、3輪ブレーキでも挙動が乱れなかったのだろう。

 裏を返せば、マクラーレンのESCがいかに優れているかということの証明になったわけだ。

 なお、日本のリコール情報を確認してみたが、同様のリコールは届け出されていない。

【画像】マクラーレンの「リコールのあった4モデル」を見る(6枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント