ホンダ新型「モンキー125」発売 強化されたエンジンと5速ミッションを採用し優れた加速を実現

アメリカン・ホンダは、日本における原付二種モデル「モンキー125」の2022年モデルを米国市場に導入します。最新モデルでは日本でも販売中の新型「グロム」に搭載された5速ミッション採用の新エンジンが搭載されています。

新型モンキー125が遂に日本市場に登場

 ホンダは、原付二種モデル「モンキー125」の2022年モデルを2021年9月27日に発売します。

【画像】遂に日本市場に登場!! ホンダ「モンキー125」2022年モデルを画像で見る(20枚)

ホンダ「モンキー125」2022年モデル
ホンダ「モンキー125」2022年モデル

 ホンダ・モンキーシリーズの初代モデル「モンキーZ50M」より引き継がれている台形フォルムのスタイリングを踏襲しつつ、高い剛性の倒立フロントフォークやクッション性に優れたシートを採用するることで快適な乗り心地としなやかさを兼ね備えた操作感を実現したモンキー125は、幅広い層から支持されている小型ファンモデルです。

 すでに欧州や北米で導入されている新型モンキー125では、新型「グロム」と同じく、5速ミッションを採用した新エンジンを搭載。

 123ccの排気量はそのままに、ロングストローク化、圧縮比アップ、電子制御燃料噴射装置「PGM-FI」、オフセットシリンダー、ローラーロッカーアームなどを採用することで快適なクルージングと優れた加速を実現しました。

 情熱的で鮮やかな「パールネビュラレッド」、爽やかな印象の「パールグリッターリングブルー」、精悍で落ち着いた印象の「パールシャイニングブラック」の全3色で展開されるモンキー125の価格(消費税10%込)は44万円で、新たな純正アクセサリーとしてグリップヒーターも追加されています。

提供:バイクのニュース

「CT125・ハンターカブ」のオフロード性能に満足し気づいた! 「クロスカブ」との決定的違い


ホンダ「スーパーカブ125」最新モデル! わずか1.5Lの燃料で100km走行できる新エンジン搭載


新聞や郵便配達のバイクはなぜスーパーカブなのか?その理由を徹底解説


普通自動車免許で乗れる前2輪の電動バイク「GOGO! R」が登場!


ホンダ「ホーネット2.0」スリリングなパフォーマンスを発揮する軽二輪モデル登場

【画像】遂に日本市場に登場!! ホンダ「モンキー125」2022年モデルを画像で見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント