オフロード重視の超ワイルドなスバル「フォレスター」の評価は? 日本で売ったら激売れ必至!?

北米で発表されたスバル「フォレスター ウィルダネス」はオフロードを重視したモデルで、内外装のデザインが専用となり、悪路走破性を高めて機能性を強化しました。日本のユーザーは、フォレスター ウィルダネスにどのような印象を抱いたのでしょうか。

北米専用のオフローダーな「フォレスター」が好印象

 スバルのSUV「フォレスター」に、オフロード性能を強化した仕様として「フォレスター ウィルダネス」が北米で設定されます。

 タフでラギッドなキャラクターに磨きをかけたデザインと走破性や機能性を強化することで、個性をさらに際立たせたモデルですが、この仕様について日本のユーザーはどのような感想を抱いたのでしょうか。SNS上でアンケートを実施してみました。

北米専用のスバル「フォレスター ウィルダネス」
北米専用のスバル「フォレスター ウィルダネス」

「フォレスター ウィルダネスのデザインについてどう思いますか?」という質問では、「とてもカッコ良い」が54.8%、「まあまあカッコ良い」が22.6%、「あまりカッコ良いと思わない」が19.4%、「まったくカッコ良いと思わない」が3.2%となり、7割以上の回答者が好評という結果になりました。

 回答者のコメントでは、「ワイルド感があって好印象」「オフロードをメインにしている匂いがプンプンしていますね」「最低地上高アップで名前の通りワイルドに変身している」など、悪路走破性の高さを表現したデザインや、標準仕様より最低地上高を10mm以上アップした約233mmに設定するなど、オフロード性能を重視した仕様が良いという意見があります。

 一方、「ライトのデザインだけは賛同できない」「ライトの形にこだわるのをやめるべき」など、国内仕様のフォレスターでも2021年8月のビッグマイナーチェンジ(D型)から採用された小ぶりのヘッドライトが受け入れられないという声も見受けられました。

 ウィルダネスシリーズとしては、2021年3月に「アウトバック ウィルダネス」が発表されており、今回のフォレスター ウィルダネスは第2弾ということになります。

「フォレスター ウィルダネスとアウトバック ウィルダネスはどちらが好みですか?」という質問では、フォレスター ウィルダネスが38.7%、アウトバック ウィルダネスが61.3%と、アウトバック ウィルダネスに軍配が上がりました。

 アウトバック ウィルダネス派の人の意見として、「重心が低いので安定した走行が期待できる」「重量感がある外観が好み」、フォレスター ウィルダネス派の人の意見では、「アウトバックよりSUVの走破性が高いから」「フォレスターのキャラに合っている」などといったコメントがありました。

「このウィルダネスシリーズは北米専用モデルですが、もし日本に導入されたら売れると思いますか?」という質問では、「売れると思う」と回答した人が77.4%にのぼるなど、「売れると思わない」(22.6%)を大きく上回る結果となっています。

 なかでも、「ウィルダネスはジムニーと同じでアウトドア感の強いクルマだから」「牽引能力向上などはあまり日本市場向けではないと思うが、とにかくデザインが良い。RAV4のオフロードパッケージのように売れると思う」「いまのスバルのデザインは大人しいため、もっとワイルド感を出したほうが好まれるのでは」などの声がありました。

 また、もしウィルダネスが日本で発売されたら購入したいという回答者も複数見受けられました。

※ ※ ※

 スバルの北米法人は、ウィルダネスシリーズを順次展開していくと発表しています。

 アウトバック、フォレスターに設定されたので、次は「XV(北米名:クロストレック)」のウィルダネスが登場することになるのかもしれません。

スバル・フォレスター のカタログ情報を見る

【画像】泥まみれが似合う! 超絶タフなスバル「フォレスター ウィルダネス」(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント