トヨタの燃費値はなぜ他社を圧倒する? 類似ハイブリッド車でカタログ燃費に差がある訳

カタログ燃費重視の時代は終わった?

 では、カタログ燃費をより良いものにするべく、他社もトヨタ式のHVを導入すれば良いのではと考えるかもしれません。

 実際、マツダはトヨタと協業し、トヨタのハイブリッドシステムを搭載したモデルを2022年までに海外の主要市場で発売すると発表しているように、そのような選択肢もあるかもしれません。

 ただ、ホンダや日産がトヨタ式のHVを導入しなかった背景には、技術開発上の問題や、ビジネス上の戦略などはもちろんあるものの、そもそもカタログ燃費というもの自体が遅かれ早かれ意味をなさなくなるという判断も合ったのではないかと筆者は考えます。

 EVや燃料電池車(FCV)が将来的にシェアを高めていくと、かつてのように0.1km/Lレベルで過剰ともいえる燃費戦争をしていたことが無意味と思えるほど、ガソリンを消費しなくなるからです。

 そもそもガソリンを消費しないのであれば、燃費という概念すら必要なくなるからです(あらたに「電費」という概念が重要視されるようになるのかもしれませんが)。

 現時点では、実際にEVやFCVを購入するユーザーはまだまだ少数派ですが、燃費(=ガソリンを消費すること)に抵抗がある人には、そもそもガソリンを消費しないクルマを選ぶという選択肢もできつつあるのは事実です。

 そうなると、HVに求められるものは「とにかく燃費がいいこと」ではなく、純粋にクルマとしての魅力、例えばデザインや使い勝手、走りといった部分が重要となります。

 e-POWERを初めて搭載した日産の先代「ノート」が、2017年から2019年にかけて、3年連続でコンパクトカー販売台数1位に輝いたのには、カタログ燃費の良さだけでなく、EVのようなスムーズな走りや「ワンペダル」の快適性などといった、カタログスペックからは測れない部分が評価されたからだといわれています。

EVのような走行フィーリングを特徴とする日産「ノート」
EVのような走行フィーリングを特徴とする日産「ノート」

 また、高速走行に弱いというEVの特性を打ち消すべく、高速走行時はガソリンエンジン車とし走行するという仕組みを備えたホンダのe:HEVは、ガソリンエンジンのメリットとモーターのメリットを最大限活用したシステムとして、まだまだ可能性を秘めています。

 このように、ひとくちにHVといっても、その中身は各社でさまざまです。

 カタログ燃費に関しては、トヨタのTHS-llが現在では優位なようですが、カタログ燃費は参考にはなっても、クルマの評価を決定づけるものではありません。

 また、走行の仕方などの諸条件によって、実際の燃費は大きく変わります。

 各社のハイブリッドシステムの特徴をよく理解し、自身に適したものを選ぶことが重要といえます。

※ ※ ※

 各社のハイブリッドシステムはさまざまですが、いずれにせよ、HVやPHEV、EVやFCVといった電動車は、今後より大きなトレンドになることは間違いありません。

 将来の技術は、既存の技術の延長線上に成り立っていることは間違いなく、いま現在販売されている各社のHVが、今後どのように進化していくのか、ぜひ注目してみてください。

【画像】黒いプリウスが凄い! トヨタ&日産の登場予定の新型モデルを見る(66枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 元々、トヨタファンでしたが、メディアがこの様な御用記事を配信して日本国民を洗脳することは、
    関心出来ません。アメリカやユーロ圏ではトヨタ以外の国産車の方が良いカタログ燃費となっていることもある事、外国の車の中にも、プリウスより実燃費の良い車があることをメディアの人間ならば、御存知だと思います。(モードの違いでは、済まない)
    この様な記事は、日本企業全体の実力を誤認させ正当な評価を出来なくするばかりか、競争力を
    そぐものです。

  2. 私も同意見です。

    プリウスなど一般道路での実燃費は、いってもせいぜい25キロがいいところ。それは数多くのユーザーレポートで証明されています。
    従来はカタログ燃費の1割減が実燃費というのがセオリー的な捉え方でしたが、リッター約30キロに対しておおよそ20キロちょっとの車を大々的なCMの下で売る企業体質は…他社の燃費偽装より悪質かと思います。
    また、低燃費走行は時速30キロ程度で走ることだと何やら激しい勘違いをしたユーザーを生み出し、その結果、意味不明な渋滞を招いている光景を見かけます。

    普通に考えても、安全装備てんこ盛りな上にバッテリーを積んだら車がかなりの重量になることはわかるはず。非力なエンジンをカバーすべくモーター駆動しても…今時のガソリンエンジンの燃費とさほど変わらないと思います。
    実燃費が倍ぐらい違うのであればHV万歳!になるのですけど。
    スポーツカーにエコタイヤを履かせて売るようなこのメーカーに絶句した記憶があります。
    ペダルレイアウトやシート形状視界確保を含め、初心に返って真摯なクルマづくりをしてほしいと願うばかりです。

    きっとこのライターは広告記事を書いたのでしょう。本音は違うと信じたいですが…。