凛々しい顔に変更! メルセデス新型「CLS」予約開始 快適装備も充実

メルセデス・ベンツ日本は2021年9月9日、4ドアクーペ「CLS」の改良新型の予約注文を開始しました。なお納車は2022年第1四半期を予定していますが、生産状況によっては変更されることもあるといいます。

世界限定200台のAMG CLS53 エディション1も受注開始

メルセデス・ベンツ日本は2021年9月9日、4ドアクーペ「CLS」の改良新型の予約注文を開始しました。なお納車は2022年第1四半期を予定していますが、生産状況によっては変更されることもあるといいます。

メルセデス・ベンツ改良新型「CLS220dスポーツ」
メルセデス・ベンツ改良新型「CLS220dスポーツ」

 2004年に登場したCLSは、走行性能や安全性、快適性といったメルセデス・ベンツの基本的価値を備えながら、完成に訴えかけるデザインコンシャスのモデルです。流麗でダイナミックなクーペスタイルとサルーンの快適性を融合した4ドアクーペという新しいセグメントを創出しました。

 今回日本で受注を開始した新型CLSのエクステリアは、フロントエンドを中心に刷新。「CLS220dスポーツ」と「CLS450 4MATICスポーツ」は、下部が広がる台形型にマットクローム仕上げの小さなスリーポインテッドスターが無数に散りばめられた、シングルルーバータイプの「スターパターングリル」を採用しています。

 ホイールデザインも一新、CLS450 4MATICスポーツはホイールサイズが19インチから20インチへ変更されました。

 また「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエーターグリルへと変更、スポーティな印象をより強めています。新設定されたカーボンパッケージでは、ドアミラーやスポイラーリップ、トリムなどがカーボンに変更され、レッドブレーキキャリパー、マットブラックペイント20インチAMG5ツインスポークホイールが装着されます。またAMGダイナミックセレクトには「レース」モードが追加されます。

 インテリアでは今回、ステアリングホイールが最新世代へとアップデート。リムには静電容量式センサーを備えたパッドを採用しました。これによりステアリングホイールにかかるトルクがなくてもドライバーが握っていることが認識され、ディスタンスアシスト・ディストロニックの使い勝手が向上しています。

 また前モデルでヘッドアップディスプレイが、CLS450 4MATICスポーツとメルセデスAMG CLS53 4MATIC+ではドアクロージングサポーターが標準装備に追加されています。

 今回、新型CLSの発表を記念した特別仕様車「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+ Edition1」(世界限定300台)も予約注文の受付を開始しました。この特別仕様車は、外装色にカシミアホワイトマグノ(限定30台)とセレナイトグレー(限定20台)を用意、いずれもマットブラックペイント20インチAMG5ツインスポークアルミホイールを装着しています。

 エクステリアはナイトパッケージ、及びナイトパッケージIIの採用により、ラジエーターグリル、リアエンドのスリーポインテッドスターとモデル名バッジには専用のダーククローム仕上げとなります。インテリアにはカーボンインテリアトリムを採用しています。

 車両価格(消費税込)は以下の通り。

・CLS220d スポーツ:918万円
・CLS450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル):1189万円
・メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(ISG搭載モデル):1441万円
・メルセデスAMG CLS53 4MATIC+ Edition1(ISG搭載モデル):1599万円

メルセデス・ベンツ CLSクラスのカタログ情報を見る

【画像】スタイリッシュ4ドアクーペ! メルセデス・ベンツ改良新型「CLS」を画像でチェック(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント