車高爆上げ! 超ワイルドなスバル新型「フォレスター ウィルダネス」米で誕生! 悪路性能強化

北米スバルは、「ウィルダネスシリーズ」の第2弾モデルとして「フォレスター ウィルダネス」を発表しました。一体どんなモデルなのでしょうか。

最低地上高10mm以上アップで悪路走破性を強化

 スバルの北米法人は、「フォレスター ウィルダネス」を2021年9月2日に発表しました。

 フォレスター ウィルダネスは、2021年3月に発表した「アウトバック ウィルダネス」(北米専用車)に続く、ウィルダネスシリーズ第2弾となるモデルです。

タフさが魅力のスバル「フォレスター ウィルダネス」(北米仕様)
タフさが魅力のスバル「フォレスター ウィルダネス」(北米仕様)

「プレミアム」グレードをベースとし、タフでラギッドなキャラクターに磨きをかけたデザインと走破性や機能性を強化することで、個性をさらに際立たせました。

 外観は、ブラックカラーのプロテクションパーツをボディ全周にわたって装着。立体的な造形でたくましさを表現するとともに、車体を保護する役割も兼ね備えています。

 また、高いオフロード性能を視覚的に伝えるために、大胆な六角形のフロントグリルや大型のホイールアーチクラッディング、フロントスキッドプレート、六角形のLEDフォグランプ、マットブラック仕上げのアンチグレアフードデカールなど、新しいフロントフェイスを採用しました。

 さらに、標準モデルに対してルーフレールの幅を約20mm拡大し、最大積載量が増加。ラダータイプのルーフラックは、動的耐荷重が220ポンド(約100kg)まで、駐車時には800ポンド(約363kg)まで支えることができ、大きなルーフテントを張ることができます。

 内装は、アナダイズドイエローをアクセントに、ブラックとグレーのダークトーンで全体をコーディネート。撥水性のある表皮を使用したシートなども採用し、アウトドアでも気兼ねなく使える機能性を備えました。

 フォレスター ウィルダネスのパワーユニットは、2.5リッター水平対向4気筒直噴エンジンを採用。レシオカバレージ(変速比の範囲)を拡大し、ファイナルギヤ比をローギヤ化したリニアトロニックCVTを組み合わせることで、駆動力を向上しています。

 また、空冷オイルクーラーを追加することで、標準モデルの2倍に当たる3000lbs(約1360kg)の牽引能力を実現しました。

 足回りには、ホワイトレターのエンボス加工を施したオールテレーンタイヤ(ヨコハマ ジオランダー)を装着。不安定な路面でも高いグリップ力を発揮します。

 さらに、サスペンションに専用コイルスプリングを採用することで、最低地上高を9.2インチ(約233mm)まで拡大(ベースモデル:8.7インチ/約220mm)。悪路走破性を高める「X-MODE」も備わり、オフロードでの安心感を高めました。

 また、サスペンションセッティングによりコーナリング時のロール角を抑制。オンロードでの軽快でスポーティな走りも両立しています。

※ ※ ※

 フォレスター ウィルダネスの発表と同時に、フォレスター 2022年モデルも発表。フロントフェイスやグリル、ヘッドライト、フォグランプカバーなど、力強いデザインへと一新しました。

 さらに、最新の「アイサイト・ドライバー・アシスト・テクノロジー」を標準装備。視野の拡大や制御ソフトの改良をおこない、より幅広い条件で作動するように性能が向上しています。

 上級グレードグレードでは、プリクラッシュブレーキシステムと連動して、時速50マイル以下での衝突を回避するためのステアリング制御を支援する「オートマチック・エマージェンシー・ステアリング」が新たに加わりました。

 パワーユニットは全車2.5リッター水平対向4気筒直噴エンジン(最高出力182hp/最大トルク176lb-ft)とリニアトロニックCVTを組み合わせ、駆動方式はシンメトリカルAWDです。

 最大3000ポンド(約1369kg)のけん引力を持ち、トレーラー・スタビリティ・アシストを標準装備しています。

 フォレスター 2022年モデルの北米での価格は、2万5195ドルから3万5295ドル(約277万円から約388万円)、ウィルダネスは3万2820ドル(約361万円)です。

 北米では2021年10月に発売される予定です。

スバル・フォレスター のカタログ情報を見る

【画像】タフなイケメンSUV爆誕! スバル「フォレスター ウィルダネス」がイケてる!(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント