1億円なら安い! サリーン「S7 LM」は「コルベット」や「バイパー」以上のアメリカン・スーパースポーツだ

アメリカ産スーパースポーツは、「コルベット」や「バイパー」だけではありません。サリーン「S7」という硬派なスーパースポーツの限定モデルを紹介します。

アメリカンドリームを実現したサリーン

 多くのスポーツカーメーカーがそうであるように、創業者はスポーツカーあるいはレースの世界に強い情熱と夢を抱いていることが多い。ここで紹介するサリーンを創業したスティーブ・サリーンもまた、フォード・マスタングのチューニングからその活動をスタートし、レースとロードカーの両方に自身のブランドを掲げるまでに至った人物だ。

 レースの世界におけるサリーン製マシンの戦績はきわめて高く、そのなかでスティーブは新たな夢を描くことになる。それは完全にオリジナルのスーパースポーツを生産すること。キャロル・シェルビー、ブリッグス・カニンガム、ダン・パノス、アメリカには同様の野心を持った先人が数多くいたことも、彼の計画には追い風となった。

サリーン「S7」のスタイリングは、当時のFIA-GT選手権に象徴されるマシンで見るシルエットそのもの(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's
サリーン「S7」のスタイリングは、当時のFIA-GT選手権に象徴されるマシンで見るシルエットそのもの(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

●レースで活躍した「S7」とは

 2000年に誕生したのが、「S7」と呼ばれるリアミッドシップのスーパースポーツだった。

 S7専用に設計されたカーボンファイバーシャシのリアミッドには、7リッターV型8気筒OHVエンジンが搭載されていた。

 このエンジンにはさらにギャレット社との共同開発によるツインターボ・システムが組み合わされている。2000年に発表されたファーストモデルに設定されたブースト圧は0.35バール。最高出力は750psに達した。

 スタイリングは、当時のFIA-GT選手権に象徴されるマシンで見るシルエットそのものだ。ボディもまた軽量なカーボン素材で成型されており、発表後ほどなくしてアメリカの最新スーパースポーツとしての地位を確立するに至った。

 レースにおいては、セブリング12時間やル・マン24時間レースなどの耐久レースや、IMSAスポーツカー選手権で勝利を収め、レースでもその戦闘力はライバルに対して大きなアドバンテージを持っていることを証明。ちなみにS7は、2000年から2010年までの公式なモータースポーツ・イベントで、合計100回以上の勝利を収め、さらに多くの表彰台を獲得している。

【画像】世界に3台のみ! サリーン「S7 LM」の全容(26枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント