新型「GR 86」登場まで秒読み段階! トヨタ「86」に対するユーザーの意見に迫る

1983年から1987年に販売されたトヨタ「カローラレビン」「スプリンタートレノ」、通称AE86は、もはや伝説的な存在です。このAE86のスピリットを受け継ぐモデルとして2012年に復活した「86」。そのオーナーが実際に感じた魅力とウイークポイントとは? また、オーナーは新型86の登場についてどのように考えているのでしょうか。

「86」オーナーが語る従来型と新型について

「ハチロク」といえば、1983年から1987年まで販売されたトヨタ「カローラレビン」と「スプリンタートレノ」(通称:AE86)を思い浮かべる人と、2012年に登場した「86」を思い浮かべる人の2パターンに分かれるかもしれません。

ピュアスポーツカー「86」のユーザーが愛車に抱くイメージとは?
ピュアスポーツカー「86」のユーザーが愛車に抱くイメージとは?

 AE86のスピリットを受け継ぐモデルとして誕生した86は「AE86の再来」といわれ、多くのユーザーが待ち望んだ存在でした。

 86の外観は流麗なフォルムの2ドアクーペでスポーツカーらしいシルエットが特徴です。ボディサイズは、全長4240mm×全幅1775mm×全高1285mm(アンテナを含むと1320mm)と、現在の水準では比較的コンパクトに収まっています。

 エンジンはスバルと共同開発の2リッター水平対向4気筒直噴自然吸気が搭載され、当初は最高出力200馬力を発揮し、その後207馬力に向上。トランスミッションは6速MTと6速ATの2種類がラインナップされています。

 2ドアクーペの86ですが、後部座席があるため乗車定員は4人となっています。

 ただし、後部座席はあまり広いとはいえず、SNSでも「後部座席は狭いから人を乗せるのが申し訳ない」といった意見が見受けられます。

 実際に86を所有する20代男性は後部座席について「人を乗せるというよりは、荷物を置くために使用していることが多い」と話します。

 86の後部座席は決して広くはありませんが、荷物を置けるスペースがあるという意味では、2シーターのモデルよりも利便性は高いようです。

 また、86は後部座席側の窓が非常に小さくCピラーも大きいため、とくに左後方の安全確認には注意を要するようです。

 前出の男性も「駐車の際は、かなり厳重に後方確認するようにしています」といいます。

 居住性では不利な86ですが、その一方でスポーツカーとしては意外と実用的という意見も多く聞かれます。

 SNSを見ると「純正シートのシートヒーターが便利」といった意見が見られるなど、現代のスポーツカーとして、快適性が犠牲にされていないことが好評のようです。

 また、とくに多く見受けられたのが積載性の高さです。

 86は後部座席のシートバックを倒すと、ラゲッジスペースとつながるトランクスルーを採用。しかもフラットな空間をつくることができ、上手に活用すればスポーツカーとは思えないほど多くの物を積むことが可能となっています。

 たとえば、4本のタイヤやバンパーなどの、大きな荷物を積載している例も多く見られます。

 そのフラットなスペースで車中泊したという例もSNSでは多く投稿されており、前出の男性も寝袋を用いて何度も車中泊をしているといいます。

 スポーツカーに積載性を期待している人は少ないかもしれませんが、この点では86はかなり実用的なクルマであるといえるでしょう。

 しかし、何をおいても86の最大のメリットは、そのドライビング性能の高さであることは間違いないようです。

 現代では珍しくなった、比較的手の届きやすいFRスポーツカーということで、クルマ好きの若者がおもいおもいのカスタムをして楽しむ様子がSNSでは多く見られます。

 そうしたカスタムも86の楽しみのひとつである一方で、SNSでは「純正でもコーナリング性能が高い」という意見も見られるなど、スポーツカーとして高い基本性能を持っていることがうかがえます。

 前述の実用性の高さと相まって、日常使いのできるスポーツカーというのが86の大きな魅力といえるでしょう。

【画像】やっぱどれもカッコイイ! 新旧の「86」と伝説的な「AE86」を見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 今までGAZOOが開発に関与したクルマは
    排気量の異なるエンジン乗せたエントリーグレード設けてたから
    2Lエンジン乗せたエントリーグレードも出してくれ