新型「フォレスター」は“スバル顔”が進化! 大幅改良したD型の3つのポイントは?

現行モデルで5代目となるスバル「フォレスター」がD型へと大幅改良しました。新型フォレスターはどこが進化したのでしょうか。

ネットで賛否のフロントフェイス 実物を見るとなかなか好印象!?

 個性派揃いのスバル車のなかでは「フォレスター」は質実剛健なキャラクターですが、1997年に初代モデルが登場して以降、着実にユーザーを獲得。いまやグローバル販売台数トップとスバルのエースへと成長しました。

 現行モデルは2018年に登場した5代目となり、スバルの年次改良のサイクルに合わせてアップデートを実施。

レヴォーグ顔になったスバル新型「フォレスター」
レヴォーグ顔になったスバル新型「フォレスター」

 2019年の改良(通称:B型)は利便性の向上、2020年の改良(C型)は1.8リッター直噴ターボ(CB18)を搭載した「スポーツ」グレード追加が主でしたが、今回の改良(D型)はスバルお得意の大幅改良になります。ではフォレスターはどのような進化を遂げたのでしょうか。

 ひとつ目は「見た目のアップデート」です。フォレスターは多種多彩なクロスオーバーSUVのなかで「直球勝負」なポジションのモデルですが、だからこそ周りに埋もれない“個性”をプラスさせたということでしょう。

 現行モデルはひと目でスバルとわかる統一感を目指した「ダイナミック&ソリッド」を全面採用していますが、今回はフロントマスクをその進化版となる「ボールダー」を一部盛り込んだデザインにアップデート。

 ボールダーとはユーザーの「楽しい心の動き」を表現したデザイン手法で、新型「レヴォーグ」から採用されています。

 具体的には大型化されたヘキサゴングリルと鋭さがプラスされたヘッドランプ、立体感をさらに高めたフロントバンパー(全長は従来モデル+15mmですが、アプローチアングルは21.3°から21.4°に拡大)、サイドへの連続性を高めたLEDフォグランプ&フォグランプカバーなどの変更で、よりシャープで、より力強いデザインに仕上がっています。

 このフロントマスクはネット界隈では賛否があるようですが、実車を日の光の下で見た筆者(山本シンヤ)は好意的に受け止めています。

 とくに最上級グレードの「アドバンス」は新形状のアルミホイールの採用も相まって先進性もあるなと感じましたが、欲をいえばリアランプ周りにも手を入れて欲しかったです。

 一方、インテリアは小変更に留まりますが、アクティブな「X-BREAK」グレードはシート表皮の変更(防水性のあるポリウレタン素材)や加飾の見直し(レッドオレンジステッチ&ブレインズガンメタリック塗装)、アドバンスはナッパレザー採用の本革シート(ブラウン内装はブラウン&ブラックの2トーン仕様に変更)などの採用がおこなわれており、グレード毎のキャラクターがより明確になりました。

【画像】フロントフェイス変更に賛否!? 大改良を受けたスバル「フォレスター」(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント