車高低っ!? トヨタ最高級セダン「センチュリー」登場! 激レアトヨタ車が米国で愛される訳

日本を代表する自動車メーカーといえるトヨタ。世界中に多くのファンが存在しますが、なかでもアメリカでは近年JDMという日本車カルチャーの影響もあり、その人気は高まっています。そうしたなかで、25周年を迎えた「オールトヨタフェスト」とは、どのようなイベントなのでしょうか。

アメリカ人のトヨタ愛がアツ過ぎる! 25周年を迎えたオールトヨタフェストとは?

 2021年6月5日に米国カリフォルニア州で開催された「オールトヨタフェスト」は、今年で25回目を迎える(かなり濃くてアツい)トヨタオーナーが年に1回集うミーティングです。
 
「TORC(Toyota Owner’s and Restorer’s Club)というトヨタ車のオーナーズクラブが主催しています。
 
 日本車ながら日本では見かけない激レアトヨタ車が集うイベントとは、どのようなものなのでしょうか。

25年目を迎えたアメリカで開催される「オールトヨタフェスト」。2021年は約450台が参加し、画像は唯一の日本国旗を掲げた「センチュリー」(photo:TORC / Fung Bros)
25年目を迎えたアメリカで開催される「オールトヨタフェスト」。2021年は約450台が参加し、画像は唯一の日本国旗を掲げた「センチュリー」(photo:TORC / Fung Bros)

 2020年はコロナの影響で開催中止となりましたが、2021年は2年ぶりの開催が実現しました。

 集まったトヨタ車はとにかくオーナーに溺愛されている濃いクルマばかり。

 車種の内訳は、「カローラ(94台)」、「セリカ(33台)」、「セリカ/スープラ(MK1/2+スープラ(7台)」、「MR2(24台)」。

「ランドクルーザー(17台)」、「ハイラックス(14台)」、「クレシーダ(14台)※日本名クレスタ」、「カムリ(11台)」、「4ランナー(11台)」。

 そして、シャコタンに日本国旗を掲げた「センチュリー(1台)」が集まっていました。

 そのほかレクサスでも、SC(7台)やLS(6台)などが約20台を含めると2021年は約450台が参加しました。

 これでも2021年は例年より100台近く減らした台数だそうで、例年は550台が参加し申し込み受付開始から1日経たずに締め切られるのだそうです。

 主催者の一人であるTORC役員のテリー山口氏にオールトヨタフェストについて伺いました。

――オールトヨタフェストはいつ、どのように始まりましたか。

「Toyota Owner’s and Restorer’s Club (TORC)」が1995年に設立されたことに始まります。

 最初に集まったトヨタ車は25台でロングビーチにある公園の駐車場などでこぢんまりと開催していました。

 回を重ねるごとに、どんどん参加者が増えて会場もそれに合わせて大きくなっていきました。

 わずか数年で300台以上が入る公園を借りなければ間に合わなくなり、2017年より参加者用、見学者用ともに駐車場が足りなくなって現在のマリナグリーンパーク(ロングビーチ市)に引っ越しました。近年は出店者の特別展示車両含めて600台近い規模になっています。

――参加するための条件はなんでしょうか?

 トヨタブランド(レクサスやサイオン含む)の車両であること、動く車両であること、「FOR SALE」などの販売用サインは出さないことなどが条件です。

 基本的に「愛されているトヨタ車」であればOKです。また、ボディがトヨタであれば、「クラウン」にV8エンジン、「ハチロク」にホンダエンジンなど載せ替えていてもOKです。

――2021年の開催はいつ決定しましたか?

 今年は、本当にギリギリまで微妙な流れでしたが「賭けに勝った!」という感じです。

 ロサンゼルス群のコロナに関する新しい規制の発表が開催か1か月前の5月7日にありました。

 前日まで「どうでしょうか?」と市になんども問い合わせしましたが決定的な返事がなく、今年もダメかもと思っていたのですが、市のGOが出て最終的な規制の方向性がやっと5月14日に固まりました。

 このときに、450人が登録していましたし、2年連続のキャンセルだけは避けたい、25周年をやり遂げたい!という思いが強くありました。

 2020年は、パンデミックの真っただ中で中止はしたものの、セリカ50周年ということで記念Tシャツを作りました。

――カローラが多い理由は?

 2021年は「カローライヤー?」というくらいカローラが多かったです。年代はまちまちですが、1970年代14台、1980年代19台、1990年代10台、2000年代15台、2011年以降36台です。

【画像】めちゃ極上車「シャコタン センチュリー」 ド派手カスタムのトヨタ車を見る!(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. やめろ見たくない改造車嫌い

  2. 改造するのは個人の自由だけど、日本国内の公道を走るなら車検適合、せめて最低地上高は普通にコンビニに立ち寄れるくらい確保して欲しいよな。周りに迷惑かけるなよ!

  3. 自分は62歳のオヤジです。
    36年前に白のセンチュリーを車高を下げて乗っていましたが、ワイパーのモーターが壊れたのでディーラーに行ったら言い値で買い取りますから乗らないで下さいと言われました。
    Usはイイですね