5m級巨大トヨタ車 新型「タコマ」登場! V6搭載・2つの迫力顔で北米らしいブチ上げ存在感!

トヨタの北米法人が発表した2022年モデルの「タコマ トレイルエディション」「タコマ TRD Pro」は、どんな特別仕様車なのでしょうか。

異なる個性が与えられたトヨタ「タコマ」の特別仕様車

 トヨタのアメリカ法人は、2022年モデルの「タコマ トレイルエディション」と「タコマ TRD Pro」を2021年6月2日に発表しました。

 海外専売のトヨタ車である「タコマ」の特別仕様車2車種には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。

トヨタ「タコマ トレイルエディション」(2022年モデル)
トヨタ「タコマ トレイルエディション」(2022年モデル)

 タコマはトヨタが北米で販売する小型ピックアップトラックです。現地では16年連続で小型ピックアップトラックのベストセラーを記録する人気車となります。

 ボディサイズは全長5392mm×全幅1890-1910mm×全高1793mm、ホイールベースは3236mmです(2021年モデル)。

 タコマ トレイルエディションは2021年モデルにも設定されており、今回2022年モデルとして改良を受けました。

 外観は、フロントグリルのバッジやホイールなどに配されたブロンズ色のコーディネートが存在感を主張。

 またフロント1.1インチ、リア0.5インチのサスペンションリフトを装備して、より迫力ある出で立ちとしているほか、悪路走破性の向上も図られています。

 そして荷台に左右ふたつのカギ付き収納ボックス(固定式)が設けられたことで、乗員がクルマから離れたときも荷物の安全を確保。

 さらに運転席側ボックスは断熱材付きで、氷を入れて飲み物を冷やすのにも便利なほか、荷台上に電源も装備されたことで、アウトドアでより便利に活用できる仕様となっています。

 一方、タコマ TRD Proは、トヨタ・レーシング・デベロップメント(TRD)が手掛けたパーツを装備。オフロード性能のさらなる向上が図られた仕様となります。

 外観は、TRD Proアルミニウム製フロントスキッドプレートやブラックアウトされたフードスクープ(ボンネットダクト)、ブラックのTRDホイールなどがスポーティさを演出。さらに内装もフロントシートをはじめTRD Pro仕様の装備が採用されます。

 またショックアブソーバーには、オンロード・オフロード問わず優れた性能を発揮するTRDチューンのFoxインターナルバイパスショックを採用。またフロント1.5インチ、リア0.5インチのサスペンションリフトを装備します。

 タコマ トレイルエディションとタコマ TRD Proに搭載されるエンジンはともに最高出力278hp・最大トルク265lb-ftを発揮する3.5リッターV型6気筒エンジンです。

 トヨタはアメリカで人気の高いピックアップトラックのカテゴリに、タコマだけでなくよりボディサイズの大きい「タンドラ」もラインナップしており、アメリカでも幅広い車種を展開しています。

 それではここでクイズです。

 タコマやタンドラだけでなくさまざまな車種をアメリカでラインナップするトヨタですが、2020年にアメリカ市場でもっとも販売台数の多かったトヨタ車は次のうちどれでしょうか。

【1】カムリ

【2】カローラ

【3】RAV4

【4】プリウス

※ ※ ※

 正解は【3】の「RAV4」です。

 RAV4は、2020年にアメリカで43万387台の販売台数を記録し、同市場おいて4年連続でベストセラーSUVとなりました。

 ちなみに、アメリカ市場におけるタコマの2020年の販売台数は23万8806台で、トヨタ車のなかでは第3位です。

【画像】全長5m超えトヨタ車の存在感がスゴい! 新型「タコマ」2つの迫力顔を画像で見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント