イケメン顔に変更!BMW改良新型「X3」「X4」欧州で登場 Mモデルも同時にマイナーチェンジ

独BMWは2021年9月6日、スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の「X3」およびスポーツ・アクティビティ・クーペ「X4」をマイナーチェンジした。同年8月27日から中国で開催される成都モーターショーで世界初公開される予定で、欧州などでは2021年夏に市場投入される。

フロント/リアのデザイン変更でニューモデルのような雰囲気

 独BMWは2021年9月6日、スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の「X3」およびスポーツ・アクティビティ・クーペ「X4」をマイナーチェンジした。

BMW改良新型「X3」
BMW改良新型「X3」

 改良新型X3/X4は、同年8月27日から中国で開催される成都モーターショーで世界初公開される予定で、2021年8月から米国・スパータンバーグ工場で生産が開始され、欧州などでは2021年夏に市場投入される。

 初代X3は2004年に登場したミドルサイズSUVで、現行型は2017年に登場した第3世代(G01型)。またX4はX4をベースにした4ドアクーペタイプのSUVで、初代は2014年に登場。現行型は2018年に登場した第2世代(G02型)となる。

 今回登場した改良新型X3はフロントとリアのデザインを変更。フロントのキドニーグリルは従来型よりも大きくなり、フレームは一体型となっている。また約10mmフラットになったフルLEDヘッドライトを備え、ヘッドライトの下のエアインテークも新たなデザインとなっている。

 さらにプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「X3 xDrive30e」には、フロントウイングに「Electrified by i」のエンブレムが入り、すべてのBMWロゴには追加の青いリングが備わる。

 リアセッションはブラックに縁取られたフルLEDリアライトがより印象的になり、立体的にモデリングされたブレーキランプが、細く水平方向に伸びるターンシグナルライトを縁取るように設計されている。

 改良新型X4もまた、新しいキドニーグリルのデザインに変更されたが、X3と差別化するため、ほかのスポーティなBMWモデルで採用されるメッシュグリルを採用している。またマトリックス機能付きアダプティブLEDヘッドライトを標準装備する。

 インテリアも大幅変更された。現行「4シリーズ」と同様のセンターコンソールを採用、タッチパネル式の10.25インチのセンターコントロールディスプレイは全車標準装備され、オプションで12.3インチも用意する。

 センターコンソールには、ギア セレクターレバー、スタート/ストップボタン、電動パーキングブレーキ、ヒルディセントコントロールスイッチ、さまざまなドライビング エクスペリエンス機能、BMWコントローラーを備えた新設計のコントロールアイランドが配置されている。

 電動化も進んでいる。2019年12月に生産が開始されたPHEVモデル、X3 xDrive30eに加え、3つのディーゼルモデル、そして3つのガソリンモデルのすべてに48Vのマイルドハイブリッドシステムが搭載される。組み合わされるトランスミッションは8速ステップトロニック(AT)で、全モデルがxDrive(4WD)になる。

【画像】改良新型BMW「X3」「X4」を見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント