福祉シェアトップ! ダイハツが「トール シートリフト」発売! 乗車時の負担軽減装備とは

ダイハツが小型乗用車「トール」に、助手席が昇降する福祉車両「シートリフト」を新設定し発売。乗降時の負担を減らす工夫が盛り込まれています。

小型車にも福祉車両を拡充

 ダイハツは2021年6月7日、小型乗用車「トール」に福祉車両「シートリフト」を新たに設定したと発表し、同日に発売しました。

ダイハツ「トール シートリフトG」。
ダイハツ「トール シートリフトG」。

 トールは2016年11月発売。コンパクトなボディながら広い室内空間を確保し、使い勝手の良いシートアレンジなども支持され、ダイハツの小型車販売の中核を担う主力車種となっています。

 2020年9月には、安全機能や内外装デザインなどでマイナーチェンジがおこなわれました。

 今回、新設定されたトールシートリフトは、昇降する助手席を装備。座席はワイヤレスリモコンで操作でき、乗る人やサポートする人の乗降時の負担を軽減します。

 ダイハツは軽福祉車両(車いす移動車、昇降シート車、回転シート車)の市場でシェアトップ(2020年度、ダイハツ調べ)ですが、今回は小型車にも福祉車両を設定しています。

 トール シートリフトの価格(消費税非課税)は、Xグレードの2WDが174万5000円、4WDが190万5000円、Gグレードの2WDが191万4000円、4WDが207万4000円です(いずれも北海道地区は2万2000円高)。

ダイハツ・トール のカタログ情報を見る

【画像】「トールシートリフト」はカラフル9色!助手席の動きもチェック(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント