トヨタ「スープラ」がなぜ4300万円に!? 高騰する国産スポーツカーを象徴する1台とは

トヨタのスポーツカー/スペシャリティカーとして人気の高い「スープラ」。2019年には17年ぶりに復活したことで話題になりましたが、なんと中東ドバイでは先代のスープラに4300万円以上の値札が付けられています。

北米における「Zキラー」として登場したスープラ

 トヨタのスポーツカー/スペシャリティカーとして人気の高い「スープラ」。
 
 2019年には、17年ぶりに復活したことで話題になりましたが、なんと中東・ドバイでは先代のスープラ(A80)に4300万円以上の値札が付けられています。

世界中にファンが多い80スープラが4000万円超え! (Copyright c JamesEdition.com)
世界中にファンが多い80スープラが4000万円超え! (Copyright c JamesEdition.com)

 トヨタ「スープラ」は1978年に初代(A40/A50)が登場して以来、1981年に2代目(A60)、1986年に3代目(A70)、1993年に4代目(A80)へと進化し、その後2002年に販売終了するまで、トヨタのスポーツカーとして人気を博しました。

 初代が登場した当時、トヨタにとって成長市場であった北米では、ダットサン「フェアレディZ」が好調であり、それに対抗する直列6気筒クーペとしてスープラが企画されました。

 当初はスポーツカーというよりは、スペシャリティカーとしての性格が強かったスープラですが、モデルチェンジのたびにスポーツカー路線へとキャラクターを変化させ、1990年代は国産スポーツカーを代表するモデルとなりました。

 排気ガス規制の強化にともない、2002年に販売終了となったものの、2019年にトヨタのスポーツカー&モータースポーツブランドである「GR」専用車として17年ぶりに復活。BMWとの共同開発というストーリーもあいまって大きな話題となりました。

 しかし、依然として過去のスープラも人気が高く、とくに映画「ワイルド・スピード」シリーズ主人公の愛車として登場したスープラ(A80)は、北米や日本では根強い人気を誇っています。

【画像】これはヨダレもの!? 4300万円超えの80スープラなどを見る!(25枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. インタークーラーを右サイドのちっこいのから前置きにして
    マフラーを触媒後方だけ交換でも400psオーバー出てしまうはずなのに
    タービン替えていて300psって燃調ドバドバセッティングなのか?

  2. こんなデカイタービン付いてて300馬力?
    しかも走行距離100km?
    怪しさ満点なんですが

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー