トヨタのミニバン「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」統廃合の危機!? 残したいのはどのモデル?

2020年5月からトヨタは全店舗で全車種を販売する体制となっていますが、同時に姉妹車の統廃合が進んでいます。ミドルサイズミニバンは3車種ありますが、ユーザーはどのモデルを残してほしいと思っているのでしょうか。

Mサイズミニバン3兄弟がリストラ対象に!?

 トヨタは長年続いたチャネル制を廃止し、2020年5月から全店舗で全車種を販売する体制へ移行しました。

 チャネル制では、たとえば「クラウン」はトヨタ店、「カローラ」はカローラ店など、顧客のニーズに合わせて専売車種を販売していましたが、それと同時にトヨタは多くの姉妹車を設定。

「アルファード/ヴェルファイア」や「ルーミー/タンク」、「ポルテ/スペイド」、「プレミオ/アリオン」など、ベースを共有しつつデザインと名前を変えて、別のチャネルで販売していました。

トヨタのミニバン3兄弟「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」
トヨタのミニバン3兄弟「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」

 全店舗で全車種を販売するようになってから1年が経過しましたが、現在、姉妹車の統廃合が着々と進められています。

 2020年9月のルーミーのマイナーチェンジの際にタンクが廃止となり、タンクのデザインを継承したグレードがルーミーに設定されました。

 また、2021年5月のアルファード/ヴェルファイアの一部改良では、ヴェルファイアが特別仕様車「ゴールデンアイズ II」のワングレードのみに縮小されるなど、かつての人気車であってもリストラの影がちらついています。

 そして次に対象となりそうなのが、ミドルサイズミニバン3兄弟です。

 トヨタには「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」の3車種のミニバンがラインナップされていますが、将来的に統合される可能性が高いと見られています。

 くるまのニュースではノア/ヴォクシー/エスクァイアについてのアンケートを実施し、SNSユーザーの意見を収集しました。

「3車種あるミドルサイズミニバンではどれを残してほしいですか?」という質問に対して、ノアが63.5%ともっとも多く、ヴォクシー39.2%、エスクァイアが12.2%となりました。

 ノアを残してほしい理由として、「3車種のなかでは親しみを感じる」「ギラギラ感が無く親しみやすいザ・ファミリーカー」「比較的グリルの威圧感が大人しいから」など、ファミリーが使うことが多いミニバンとして、親しみやすくスタンダードなデザインが評価を得ているようです。

 また、「ノアが一番古い車名だから」「他のモデルはノアから派生している」と、ノアが歴史ある車名であることから、残すべきという意見もありました。

 もともとは、「タウンエースノア/ライトエースノア」の後継車として、初代ノアと初代ヴォクシーが2001年に誕生。ノアはカローラ店、ヴォクシーはネッツ店の専売車種として販売されました。

 2007年に2代目、2014年に3代目へとフルモデルチェンジ。そして2014年10月に、エスクァイアがトヨタ店・トヨペット店の専売車種として加わっています。

【画像】どうなるミニバン3兄弟!? ノア/ヴォクシー/エスクァイアの違いはどこに?(37枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 基本をノアとして残し
    カスタム版としてのヴォクシー
    上級グレードとしてエスクァイア
    それぞれの後継に当たるグレードを展開するのでは?
    どちらにしても車名統一されると
    ミニバン売上No1とか他社が付け入るスキがなくなるね(笑)