デートカーの代名詞的存在! ホンダ3代目「プレリュード」はカッコイイだけじゃない?

「スペシャリティカー」という言葉は最近ほとんど耳にしませんが、昭和末期から平成初期には若者を中心に人気を博していました。そのなかの1台でデートカーとして一世を風靡した、ホンダ「3代目 プレリュード」を振り返ります。

スペシャリティカーとして誕生したプレリュード

 ホンダ「プレリュード」は、1978年から2001年まで5世代に渡って販売されたスペシャリティカーです。

 1978年に発売された初代プレリュードは、2ドアのノッチバッククーペスタイルで登場しました。日本初の電動サンルーフが採用され、集中ターゲットメーターと呼ばれるスピードメーターとタコメーターが一体化したメーターを採用するなど、ホンダの最新技術が投入されたモデルでもありました。

デートカーとして一世を風靡した3代目「プレリュード」はどんなクルマ?
デートカーとして一世を風靡した3代目「プレリュード」はどんなクルマ?

 しかし、性能的には目をみはるものがなく販売は成功したとはいえず、1982年には2代目が登場。

 リトラクタブルヘッドライトを装備した低いボンネットがスタイリッシュなフロントスタイルを作り出し、ワイド&ローのプロポーションが若者にうけ、総生産台数60万台以上の人気のモデルとなりました。

 そして、1987年には3代目プレリュードが発売され、リトラクタブルヘッドライトやスポーツカーのような低いボンネットなど、2代目で人気を獲得した要素をふんだんに盛り込んだ、キープコンセプトのモデルに仕上げられました。

 エンジンは、2リッター直列4気筒SOHCツインキャブと、DOHCで電子制御燃料噴射装置を備えた2タイプが用意され、2代目よりもさらに低いボンネット高を実現するため、前側に15度傾けていたエンジンを後側に18度傾けるといった工夫も図られました。

 サスペンションは、2代目でフロントに採用されたダブルウィッシュボーン式サスペンションをリアにも採用して4輪ダブルウィッシュボーンとなり、走りの質もさらに向上。

 高性能なエンジンと優れた足まわり、そしてスタイリッシュなスタイルから、3代目プレリュードは売れるべくして売れたクルマでした。

 また、単なるデートカーというわけではなく、技術的にも意欲作といえるモデルとなっていました。

【画像】フェラーリに匹敵するボンネット? 3代目プレリュードを見る(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント