スタートは苦戦? 日産新型「ノート」は2021年が勝負の年! 隠し玉に期待大!

ライバルと価格差あるも、新型ノートは今後に期待大?

 日産は、国産メーカーのなかでももっとも電動化を推進しているメーカーのひとつであり、そうした戦略は将来的には強みになることでしょう。

 しかし、足元では、販売台数を稼ぎやすいコストパフォーマンスに優れたガソリン車のラインナップが少ないという結果に繋がっているようです。

 実際に、ヤリスはもっとも安いエントリーグレードで139万5000円、フィットは155万7600円という価格設定で、いずれもガソリン車となっています。

 一方、新型ノートは、エントリーグレードでも202万9500円となっているなど、競合車に比べて価格差が存在。

 もちろん、新型ノートはハイブリッド車であり、実際にはオプションの設定や税金、値引きなどで価格は前後しますが、ユーザー視点で見れば、新型ノートが高額に見えてしまうかもしれません。

 日本でも今後電動化が加速することは疑う余地がありませんが、その一方で現時点ではガソリン車を求めるユーザーが多いのも事実です。

 新型ノートをe-POWER専用車とすることで、「電動化に強いブランド」というイメージを強化できる反面、足元の販売台数が伸びていないと考えられます。

2021年3月中旬には4WD仕様の受注も開始された
2021年3月中旬には4WD仕様の受注も開始された

 さらに、以前から噂されている「ノート・オーラ」という派生車の登場を期待するユーザーも少なくありません。

 これは、標準モデルよりも高級志向になっているといわれ、上のセグメントからの乗り換え需要を見越した新たなユーザーを囲い込むことが出来そうです。

 また、派生車オーラとは異なる仕様も控えているといわれ、新型ノートにとってこれからが本当のスタートといえるかもしれません。

日産・ノートのカタログ情報を見る

【画像】ノートの高級志向といえば…あのモデル? (25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 1200ccて2500ccの速さで変速ショック無しだから中身2500cc以上の小型車だから人気なんです。