MotoEライダー 大久保 光のレースレポート 搭乗拒否を乗り越えて、初テストの開催地スペインへ

日本人初のMotoE(FIM Enel MotoE World Cup)ライダーとして、2021年シーズンを戦うことになった大久保 光 選手の、レースレポートがスタートします。第1回目は、MotoEというクラスについてや、スペインにあるへレスサーキットでおこなわれた初テストへ向かう道のりについて。コロナ禍でおこなう海外でのレース活動は、予期せぬトラブルが満載で、前途多難なようです。

今季初テストに参加するためにスペインへ

 初めまして。この度バイクのニュースでレースレポートを連載させていただくことになりました、レーシングライダーの大久保 光(おおくぼ ひかり)と申します。今後とも宜しくお願いします。

【画像】AJO motorsport team大久保 光選手を見る(8枚)

2021年シーズンMotoGP MotoEクラスに参戦する大久保 光選手

 さて、私は今年MotoGP MotoEクラスに参戦します。MotoEといわれても、イマイチイメージが湧かない人が多いと思いますので、まずは簡単にMotoEについて説明したいと思います。

 MotoEは、2019年からMotoGPの併催レースとして開催されている、電気バイクの世界選手権で、全6戦、7レースで争われます。

MotoGP MotoEクラスは、エネルジカの電気バイクEnergica Ego Corsaを使うワンメイクレースです

 マシンはエネルジカというイタリアの電気バイクメーカーのワンメイクで、サスペンションはオーリンズ、ブレーキはブレンボ、そしてタイヤはミシュランと、それぞれのパーツもワンメイクで決められています。

 世界選手権として開催されるレースで、ここまでワンメイクとなるレギュレーションはとても珍しいのですが、その分ライダーの技量やセットアップ能力が、かなり重要となるクラスでもあります。また、電動バイクは一般的なバイクとエンジン特性が大きく異なるので、その辺りをしっかりと乗りこなさなければなりません。

 早速、私はMotoE公式テストのために、2021年3月上旬にスペインにあるヘレスサーキットでおこなわれた、3日間のテストに参加してきました。しかし、いまのご時世、コロナウイルスの影響により原則日本人はヨーロッパに渡航することができません。

 私はチームをとおして、ドルナ(レースの主催者)とスペイン政府に連絡を取ってもらい、特別な書類の発行を要求しました。しかしその書類がなかなか届かず、私の手元に届いたのは出発の3日前。なんとかギリギリ受け取ることができたのですが、出発前からとても焦る状況です(笑)。

人手が減った成田空港、出発前から問題発生

 しかも、成田空港に着いてからも、さらなる問題が発生します。航空会社から、スペイン語の書類は読めないから認められないといわれてしまい、搭乗拒否されてしまったのです。

 仕方ないので、スペインに直接問い合わせてもらえるように要求し、2時間ぐらい待った末に、なんとか搭乗許可がおりたのですが、その時には飛行機の出発時間の約30分前。そこから特別なルートで、なんとか荷物を預けてパスポートコントロールを通過して、飛行機に乗り込むことができました。

無事に飛行機に搭乗できたのはいいのですが、搭乗したのは出発30分前でした

 これは初めての経験だったので、正直ものすごく焦りましたが、以前にもベラルーシのパスポートコントロールで出国拒否をされた経験があったので、なんとか対応できたのだと思います(笑)。

 そしてスペインに入国する際も、一度別室に連れて行かれましたが、書類を確認してもらったのちに入国が許可されて、無事に入国することができました。そしてヘレス空港に到着し、ホテルに向かったのですが、街の雰囲気がいつもと違うことに気が付きます。

 ヘレス空港に着いたのが午後5時半ごろ、空港を出たのが午後6時過ぎだったので、ホテルに向かう途中でレストランに行きたいなぁなんて思っていたのですが、どの店も閉まっていたのです。

ヘレスに着いた後、ホテルに向かう途中のレストランは全て閉まっています

 後にわかったことなのですが、コロナの影響でヘレスの街では午後6時以降、すべてのレストランが閉まってしまうとのこと。仕方なく開いているスーパーマーケットでサラダを買って、腹ごしらえをしました。

テスト期間中の夕ご飯は、スーパーマーケットで手に入れたサラダとちょっとした食べ物で過ごすことに

 しかし、よくよく考えるとテスト期間中も午後6時に閉まってしまっては、レストランでの食事は間に合わないなぁと考えて、結局、今回のテスト期間中の夕ご飯は、スーパーマーケットで手に入れたサラダとちょっとした食べ物で過ごすことになりました。

 さて、次回は初めて見るMotoEバイクについてと、3月におこなわれたテストの内容、4月におこなわれる2回目のテストについて、書かせていただきたいと思います!次回も楽しみにしていてください。

提供:バイクのニュース


ヤマハ「YZR750」 ロードレーサー2スト最大排気量のモンスターマシン


初期型NSR500は暴れん坊マシン!! F・スペンサー用に開発されたマシンはシーズンを全戦走れなかった!!


「日本のライダーたちの希望になりたかった」小さなバイク屋さんが市販レーサーホンダ「NSF250R」で世界に挑戦した理由


ホンダ「NSR50」は当時の若者を狂わせた 峠や駐車場、ミニサーキットからキツイコーナーの全てが青春だった!!


MotoGP ゼッケンナンバーよもやま話 「マルケス“93”ロッシ“46”の由来とは?」

【画像】AJO motorsport team大久保 光選手の画像を見る(8枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント