欧州版ハイエースがEV化!? トヨタ新型「プロエースエレクトリック」発売! 全長MAX5.3m

トヨタの欧州法人は「プロエース」のEVモデルモデルとなる新型「プロエースエレクトリック」を欧州市場で発売したと2021年4月23日に発表しました。いったいどんな商用車なのでしょうか。

一充電の航続可能距離は最大330km

 トヨタの欧州法人は新型「プロエースエレクトリック」を欧州市場で発売したと2021年4月23日に発表しました。日本では「ハイエース」のポジションにあたる商用バンがEV(電気自動車)化しましたが、いったいどんな特徴があるのでしょうか。

トヨタ新型「プロエースエレクトリック」
トヨタ新型「プロエースエレクトリック」

 プロエースはトヨタが欧州で展開するバンで、商用モデルのプロエースのほかに乗用モデルの「プロエースヴァーソ」が存在。

 ボディは全長によってコンパクト・ミディアム・ロングの3種類が設定されており、全長はそれぞれコンパクトボディが4609mm、ミディアムボディが4959mm、ロングボディが5309mmに設定されています。

 今回発表されたEVモデルとなる新型プロエースエレクトリックは、ユーザーのニーズに合わせてリチウムイオンバッテリー容量を50kWhおよび75kWhの2種類を設定。

 一充電での航続可能距離は、50kWhモデルが約230km、75kWhモデルが約330kmです。

 なお、新型プロエースエレクトリックではコンパクトボディは50kWhモデルのみ、ミディアムボディ・ロングボディでは50kWh/75kWhモデルが選択できます。

 トヨタの欧州法人によると、プロエースのターゲットとなるユーザーの利用状況を調査した結果、多くの場合1日の走行距離は45km程度だったことが判明しており、「50kWh/75kWhモデルのどちらの場合においても、毎日充電する必要がないことを示しています」(トヨタ欧州法人)と説明します。

 急速充電にも対応。バッテリー容量80%までにかかる時間は、50kWhモデルでは約32分、75kWhモデルでは約48分です。

 ドライブモードはエコモード(最大出力82馬力・最大トルク190Nm)、ノーマルモード(109馬力・190Nm)、パワーモード(最高出力136馬力・最大トルク260Nm)の3種類が存在し、センターコンソールのスイッチから選択することができます。

 また、回生ブレーキを強く働かせることのできる「B」スイッチも搭載されました。

 新型プロエースエレクトリックのグレードは「ベース」「コンフォート」「コンフォートプラス」の3グレード展開ですが、いずれのグレードにも予防安全システム「トヨタセーフティセンス」が搭載されます。

 2020年第4四半期にまずノルウェー、オランダ、スイスへ先行導入された新型プロエースエレクトリックは、2021年第1四半期にデンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スウェーデン、イギリスで発売されています。

トヨタ・ハイエースのカタログ情報を見る

【画像】超カッコいいEVバン誕生!? トヨタ新型「プロエースエレクトリック」を画像で見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント