ワイルド系が最新のトレンド? オフロード走行もこなせそうなSUV5選

ここ数年、世界的に人気上昇中のSUVですが、なかでもオンロード走行を重視したクロスオーバーが主流です。しかし、直近の状況を見ると、オフロード走行も意識したようなモデルも増加傾向にあります。そこで、オフロード走行もこなせそうな最新のワイルド系SUVを、5車種ピックアップして紹介します。

悪路走破性を意識したようなワイルド系SUVを振り返る

 1994年にトヨタ「RAV4」、1995年にホンダ「CR-V」が発売され、いわゆる「ライトクロカン」という新ジャンルのRV(レクリエーショナルビークル)が人気を博しました。

 それから25年以上を経た現在、SUV人気は世界中に波及しており、かつてのライトクロカン以上にオンロード走行を重視したクロスオーバーが主流となっています。

クロスオーバーながらオフロード性能も意識した最新SUVたち
クロスオーバーながらオフロード性能も意識した最新SUVたち

 一方、最新のSUVのなかには、クロスオーバーながらもオフロード走行も意識したようなモデルも増加傾向にあります。

 そこで、悪路走破性が高そうな最新のワイルド系SUVを、5車種ピックアップして紹介します。

●マツダ「CX-30」

EV化だけでなくワイルドさも強調された「CX-30 EV」
EV化だけでなくワイルドさも強調された「CX-30 EV」

 現在、マツダの主力車となっているのが「CXシリーズ」です。コンパクトモデルの「CX-3」からフラッグシップの「CX-8」まで多彩なSUVラインナップを構成しています。

 なかでも、スタイリッシュなデザインが高く評価されているクロスオーバーが、2019年に発売された「CX-30」です。

 CX-30はセグメントとしてはCX-3とCX-5の間に位置するモデルで、グローバルで展開されており、海外でも好調なセールスを記録しています。

 そして、2021年4月19日から中国で開催されている「上海モーターショー2021」では、新型の電気自動車として「CX-30 EV」が出展されました。

 文字どおりCX-30をベースにしたEVですがボディはノーマルよりもリフトアップされており、バンパーのラインから下の部分や前後フェンダーのデザインも異なります。

 また、前後にアンダーガード状のパーツが追加され、頑丈そうなサイドステップが装着されており、都会的な印象のCX-30がワイルドに変貌。

 詳細なスペックは明らかになっていませんが、中国市場では2021年末に発売を予定しており、日本での販売も期待できそうです。

マツダ・CX-30 の中古車をさがす

●スバル「アウトバック ウィルダネス」

往年の「レオーネ」を彷彿とさせる「アウトバック ウィルダネス」
往年の「レオーネ」を彷彿とさせる「アウトバック ウィルダネス」

 スバル2代目「レガシィ」をベースにSUVに仕立てたモデル「アウトバック」は、1994年に北米市場向けとして開発されました。

 現在、日本では「レガシィ アウトバック」で販売されていますが、北米ではアウトバックの名で歴代モデルとも高い人気を誇り、スバルのブランドイメージを確立した立役者といえます。

 このアウトバックの2022年モデルとして加わったのが「アウトバック ウィルダネス」です。

 アウトバック ウィルダネスの外観は、最低地上高が標準モデルの8.7インチ(約220mm)から9.5インチ(約240mm)まで高められており、前後バンパー、フロントグリル、大型化されたホイールアーチのプロテクター、フロントスキッドプレート、六角形のLEDフォグランプなど、専用のアイテムが装着されワイルドさを演出。

 内装ではブラックとグレーのダークトーンで全体をコーディネートしつつ、随所にイエローの差し色をあしらうことでアウトドアギアのイメージを強調しています。

 エンジンは263馬力(米規格から仏馬力に換算)を発揮する2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボを搭載し、トランスミッションはCVTの「リニアトロニック」のみとされ駆動方式はAWD、標準モデルに対し極低速時のトラクション性能が強化されました。

 アウトバック ウィルダネスは、アメリカではすでに発売されていますが、日本では残念ながら今のところ販売される予定は無いようです。

●トヨタ「RAV4アドベンチャー オフロードパッケージ」

都会的な印象からオフロード車へと変貌した「RAV4アドベンチャー オフロードパッケージ」
都会的な印象からオフロード車へと変貌した「RAV4アドベンチャー オフロードパッケージ」

 現行モデルのトヨタ「RAV4」は5代目にあたり、4代目は日本で販売されませんでしたが、2019年4月に国内市場で復活を遂げ、発売以来好調なセールスを続けています。

 外観は力強さと洗練された都会的な雰囲気を融合したデザインで、フロントフェイスはオフロードを想起させる「アドベンチャー」とより都会的な「G・Xグレード」の2種類を設定。

 パワーユニットは最高出力171馬力の2リッター直列4気筒エンジン、もしくはシステム出力218馬力(2WD)を誇る2.5リッター直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッドで、2020年6月にはプラグインハイブリッドの「RAV4 PHV」がラインナップされました。

 力強さと洗練された都会的な雰囲気を融合したデザインのSUVで、2019年4月の発売以来好調なセールスを続けています。

 このRAV4アドベンチャーをベースにオフロード性能を協会した特別仕様車「アドベンチャー オフロードパッケージ」が2020年10月に登場。

 専用サスペンションを採用したことで最低地上高をベース車より10mmアップの210mmとし、悪路走破性を高め、ブリッジ型ルーフレールやマットブラック塗装の18インチ専用アルミホイール、オールテレインタイヤを装着。さらに「OFFROAD package」エンブレムなどを特別装備しています。

 内装は、レッドステッチを施した専用合成皮革シートやインストルメントパネル、ドアトリムショルダーを採用して、随所に赤の差し色が施されるなど、ポップな印象です。

 アドベンチャー オフロードパッケージの価格(消費税込、以下同様)は、346万円です。

トヨタ・RAV4 の中古車をさがす

【画像】ゴツいのがカッコイイ! ワイルド系の最新SUVを見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント