クラウンがミニバン化!? 「クラウンヴェルファイア」受注開始! トヨタが中国で販売!

2021年4月19日に中国で開催される「上海モーターショー2021」にて、トヨタ一汽が「ハイランダー」の姉妹車として「クラウンクルーガー」を発表すると明かしたことが大きな話題となりました。今回、上海モーターショーに先駆けて「クラウンヴェルファイア」なるミニバンが中国で受注が開始されました。

SUVの次はミニバン!?「クラウン・ヴェルファイア」中国で発表

 中国市場における「クラウン」の後継車としてSUVとなる「クラウン クルーガー」(中国名:皇冠 陸放、huang guan lu fang)が上海モーターショー2021で発表されることが話題となっています。
 
 今回、クラウンシリーズ第2弾ともいえる「クラウンヴェルファイア」の受注が開始されたといいます。

 日本でも販売されるヴェルファイアとは何が異なるのでしょうか。

上海モーターショー2021でお披露目された「クラウンヴェルファイア」
上海モーターショー2021でお披露目された「クラウンヴェルファイア」

 クラウン クルーガーは、基本的に内外装ともに北米などで販売されている「ハイランダー」のXSEグレードと共通しており、違いはクラウンのエンブレムなどにとどまります。

 そして中国限定のクラウンシリーズ第2弾として、今度は日本でも販売されているミニバンの「ヴェルファイア」をマイナーチェンジし、外装変更や名前を「クラウン ヴェルファイア(中国名:皇冠 威尓法、huang guan wei er fa)」に改称して販売されることがわかりました。

 すでに深センの一汽トヨタディーラーでは予約受付が開始されるなど盛り上がっている状況です。

 中国市場におけるヴェルファイア(中国名:威尓法、wei er fa)は、2019年4月の上海モーターショーにて投入が発表されました。

 日本のHYBRID Executive Lounge相当のグレードが用意され駆動方式はE-Four方式の四輪駆動のみです。

 一方、「アルファード(中国名:埃尓法、ai er fa)」は2010年より中国市場で販売開始となり、近年はとくに異常といえるほどの高人気を博しています。

 同時期に投入が発表されたレクサス「LM」と共に、高まる高級ミニバン市場への需要に応えてヴェルファイアが投入される形となりました。

 輸入販売をおこなうのはいずれもトヨタが設立した中国での合弁会社で、アルファードが広汽トヨタ(広州汽車とトヨタの合弁)、ヴェルファイアが一汽トヨタ(第一汽車とトヨタの合弁)のディーラーで取り扱っています。

 中国市場でSUVとミニバンに新たに冠された「クラウン」の車名。

 ここで気になるのは中国市場でのクラウン(中国名:皇冠、huang guan)の立ち位置です。

 中国では1964年4月に最初のクラウンが輸入され、80年代から90年代にかけて人気を博しました。

 香港でも一般用のみならず、「クラウン」は香港の象徴的な存在である香港タクシー(香港的士)として長きに渡り採用され続けた代表的な日本車として認識されています。

 販売の低下を受けて一旦は中国本土へ輸出がおこなわれなくなりましたが、2003年からは一汽トヨタが中国国内での生産を始め、再び中国本土に王冠のエンブレムが舞い戻りました。

 その後、2020年4月までのおよそ17年間にわたり、生産・販売を継続。中国市場におけるクラウンの生産販売終了は、高級セダンの需要がアルファードやLMなどの高級ミニバンへと取って代わられたことも一因です。

 今回、約1年間空白となっていたクラウンのポジションを埋め合わせるために、もっとも人気なボディタイプであるSUV(クラウン クルーガー)とミニバン(クラウン ヴェルファイア)にクラウンという名前を冠し、後継車として販売することとなったのでしょう。

 とくに、同時に発表されたクラウン クルーガーは、対をなす合弁企業である広汽トヨタが生産・販売するハイランダー(中国名:漢蘭達、han lan da)のポジションが一汽トヨタには無かったことも影響しています。

 トヨタの思惑としては、アルファードやLMと共食い状態になっているヴェルファイアを、惜しくも絶えてしまった伝統のある「クラウン」の名前を冠して再登場させることで、さらなるイメージアップ、販売アップを狙っていきたいということでしょう。

【画像】これが「クラウンヴェルファイア」 クラウンクルーガーに続くクラウンシリーズを見る!(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. まるでクラウンのバーゲンセールだな

  2. ひょっとして「レクサス」みたいな感じで中国市場で「クラウン」というブランドを作る気か?

  3. ええ…

  4. クラウンをバカにしすぎ
    セダンであることに良さがあるのだ

  5. 豊田家の家紋にしたらよ?

  6. なんでもアリですか?

    そのうちLEXUS RX7とかカローラトレノとか普通に販売されるんでしょうね?

  7. 話が長い割によく分かんないし
    と言うか、あまり読む気がないから頭に入ってこないのか?
    クラウンヴェルファイア?
    よく許したな…

  8. トヨタは嫌いだが、クラウンには伝統という意味で敬意を払っていた。
    商売だから仕方ないかもしれないが、伝統まで支那に売りつけるようなら最早ブランドに価値は無い。

  9. クラウンユーザー馬鹿にしすぎ。
    顔は現行のままエンブレムだけクラウンつけただけのお粗末。

    こんなの誰が買うんだよ。

  10. これをトヨタ自体がするとは。
    ただただ残念です。

  11. おーい!クラウンよ。
    戻ってこーい!