アルファード超えHVミニバン襲来! 5m級トヨタ新型「シエナHV」 韓国で発売

トヨタの韓国法人は2021年4月13日に新型「シエナハイブリッド」を発売しました。日本の「アルファード」より全長と全幅が大きいボディとなりますが、どんなクルマなのでしょうか。

韓国市場初のハイブリッドミニバンが登場

 トヨタの韓国法人は、新型「シエナハイブリッド」のオンラインイベントを2021年4月13日に開催し、同日に発売しました。ハイブリッドミニバンが韓国市場で販売されるのは初といいますが、いったいどんなモデルなのでしょうか。

韓国で発売されたトヨタ新型「シエナハイブリッド」
韓国で発売されたトヨタ新型「シエナハイブリッド」

 新型シエナハイブリッドは、トヨタが海外専売モデルとして展開するシエナの4代目モデルで、車名のとおり現行モデルからハイブリッド専用車となりました。北米ではすでに販売されています。

 ボディサイズは全長5175mm×全幅1995mm×全高1775mmで、全長と全幅は日本で販売されるアルファード(全長4945-4950mm×全幅1850mm×全高1935-1950mm)より大きいです。乗車定員は7名となっています。

 2WD仕様と4WD仕様が存在し、2WD仕様にはヘッドアップディスプレイ機能を搭載。

 2列目シートの乗員向けに、11.6インチの大画面のリアシートエンターテイメントシステムやオットマンシートが提供されるほか、2列目キャプテンシートは624mmのスーパーロングスライド機能が備わります。

 搭載されるパワートレインは2.5リッターガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムで、システム合計出力は246馬力。燃費は2WD仕様で14.5km/L、4WD仕様は13.7km/Lを記録します。

 4WD仕様はE-Four(電気式4WDシステム)が搭載され、走行状況に応じて前輪と後輪の駆動力を効果的に配分し、優れた走行安定性を実現しました。

 予防安全装備としてトヨタセーフティセンスが搭載されているほか、さらにギアポジションに応じて、さまざまな視点からの映像をドライバーに表示するカメラのビューを提供するパノラミックビューモニターも装備。

 キックセンサー付きのハンズフリーパワースライドドアやパワーバックドアも標準装備されます。

 新型シエナハイブリッドの韓国市場での価格は、2WD仕様が6400万ウォン(日本円換算で約624万円)、4WD仕様は6200万ウォン(約604万円)です。

【画像】アルファードを圧倒!? トヨタ5m級新型ミニバン「シエナHV」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

フンガーファイブ へ返信する コメントをキャンセル

4件のコメント

  1. 列島改造論
    こういう車を日本メーカーは作っても本国日本で売らない(売れない)のは、
    日本の道が狭いから?
    何時までも言い訳がましく軽自動車よいしょしてないで、
    国を挙げて道路拡張を進めるべきではないでしょうか?
    このままでは対外向けの車は日本に入ってこない
    つまりは他国での先進技術車も入ってこない
    となると車の電動化や自動運転化の国際的流れのスタンダードに遅れる事は必定で、
    このままだと日本が国際社会から孤立し後れを取る一方でしょう。
    道路拡張整備という交通インフラの土台を置き去りにせずに力を入れて行かないと
    結局はカーボンニュートラル推進だって後塵を拝すんじゃなかろうか?
    つまりは、
    今日本で買えない日本車が多い実情は、
    目先に輸入利潤にばかり気を取られ、
    国内インフラの基盤整備を後回しにしてきた結果に見えます。
    トヨタも豊田のテストコース設営や裾野での独自の未来実証実験都市の構想で満足してないで、
    官民一体となって国全体に行き渡る様に国に働き掛けていかないとダメじゃないか?

  2. 道路拡幅も、車を大きくすることもカーボンニュートラルから遠のく方向ですね。

  3. 道路拡幅も、車を大きくするのも、カーボンニュートラルから遠のいてますよ。

  4. 韓国からなら物理的にはすぐ輸入できるんだけどな
    釜山からフェリーで
    ヨーロッパで発売してくれたら、日本にも輸入できるんだが、ハイブリッドはまだどの業者も輸入できていない