なぜ個体差が存在? あると便利な「アシストグリップ」が運転席に無い理由

クルマに乗り降りする際や走行時にあると便利な「アシストグリップ」。車種によっては運転席側に装着されていない場合があります。運転席に装着していない理由とは、どのようなものなのでしょうか。

 車内の窓の上についている「アシストグリップ」は、体を支えたり乗降したりする際に便利なパーツのひとつです。
 
 しかし、アシストグリップが運転席に装備されていないクルマもありますが、これには一体どんな理由があるのでしょうか。

乗り降りや走行中に役に立つ「アシストグリップ」。運転席側に装着されていないクルマが存在する訳とは
乗り降りや走行中に役に立つ「アシストグリップ」。運転席側に装着されていないクルマが存在する訳とは

 アシストグリップは、助手席や後席上部に取り付けられている握り手で、乗り降りするときや体を支えるために装着されています。

 しかし、運転席に装着されていない車種もあります。なぜ、アシストグリップが装着されないケースがあるのでしょうか。

 国産メーカーの担当者は以下のように話します。

「車種や用途によって運転席にアシストグリップがないことがあります。

 とくに、車高が低いクルマにアシストグリップが装備されていないことが多いです。

 車高が低いクルマは、ルーフと頭部が近いため、万が一の事故の際にアシストグリップに頭をぶつけてしまう可能性があります。

 事故の際に頭を保護するため、アシストグリップを設定していない車種もあるようです。

 運転席のアシストグリップがないモデルは、ボディタイプやクルマの形状にもよりますが、スポーツモデルなどに装着されていないことが多いです」

 また、悪路などを走行するような車種においても運転席にアシストグリップは装着されていません。

 ジムニーを専門とするカスタムショップは次のように話しています。

「先代モデルでは、運転側にアシストグリップは付いてなかったものの、ネジ穴は存在しました。しかし、現行モデルはネジ穴自体なく取り付けが難しくなっています。

 この手のモデルは、悪路走行をする人には頭をぶつける可能性があるのでいらない人もいますが、街乗りメインの人だと乗り降りの際にあると便利でした」

※ ※ ※

 アシストグリップは、車内の突起物ともいえます。そのため、スポーツ走行や悪路走行が想定される車種では装着されないケースもあるようです。

【画像】究極のスポーツカー!? これはアシストグリップ要らないね…(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 過去乗っていたワンボックスカーはついて居たし、今乗っているSUVもついて居る。車高が高いから背の低い人には必要だろう。
    逆に車高の極端に低い、車幅が広いスポーツカーで、バケットシートから車外に出る時に欲しいと思うこともある。