レクサスとサンリオがコラボ!? 栃木県警「春の交通安全県民総ぐるみ運動」オープニングセレモニーを開催

レクサスとサンリオは2021年4月5日に栃木県オリオンスクエアで開催された、栃木県警「春の交通安全県民総ぐるみ運動」オープニングセレモニーで、交通安全啓蒙を目的に、レクサス「LC」とサンリオの人気キャラクター「マイメロディ」&「クロミ」のリフレクター、合計3万2000個を栃木県福田知事に贈呈しました。

「LC」×「マイメロディ」「クロミ」のリフレクター

 レクサスとサンリオは2021年4月5日、栃木県オリオンスクエアで栃木県警「春の交通安全県民総ぐるみ運動」オープニングセレモニーを開催。

 同セレモニーにて、交通安全啓蒙を目的にレクサス「LC」とサンリオの人気キャラクター「マイメロディ」や「クロミ」のリフレクター、合計3万2000個を栃木県福田知事に贈呈しました。

セレモニーの様子
セレモニーの様子

 セレモニーでは、レクサスLCのチーフエンジニア(以下、CE)である武藤CEとサンリオの谷村常務執行役員が、マイメロディやクロミとともに登壇し、栃木県福田知事にリフレクターを贈呈。リフレクターは代表で出席した小学4年生2名のランドセルに、福田知事と武藤CEの手によって取り付けられました。

 同取り組みは2020年9月、栃木市の会社役員中村和夫さんが交通安全を願い、パトカー仕様の「LC500」を寄贈したことへの敬意や、そのLCによる栃木県警の交通安全啓蒙活動へ賛同する想いから、「交通事故死傷者ゼロ」を究極の目標に掲げるレクサスも、交通安全啓蒙のためになにかできないかと考えたことがきっかけでスタートしたものです。

 レクサスの交通安全への想いに共感したサンリオが協力し、子どもたちへの交通安全の想いを込めてリフレクターが製作されました。

 武藤CEは今回の取り組みについて、「この度は栃木県警殿や中村様の想いに賛同し、ささやかながらリフレクターの制作などに協力をいたしました。LCが交通安全啓もう活動の一助となり、事故防止のお役に立つことを願うと共に、レクサス及びトヨタは、モビリティ社会の究極の願いである、交通事故死傷者ゼロに向け、安全技術の開発と普及に努めてまいります」と話しました。

 また、サンリオの谷村常務執行役員は、「マイメロディとクロミが子どもたちに寄り添い、交通ルールを守ることの大切さを常に意識してもらい交通事故防止に役立つよう、願っております」と語っています。

 リフレクターを受け取った栃木県福田知事も「次代を担う子ども達のかけがえのない命を社会全体で守ることは極めて重要であり、子ども達の交通安全のためにこのような寄贈をしていただき、県を代表して感謝申し上げます」と述べました。

 さらに、交通安全に取り組む栃木県警察野井本部長も「歩行中、自転車乗車中の小学生の交通事故は夕方に多発していることから、このリフレクターを身に着けていただくことで交通事故防止に大きな効果が期待できます」と話しています。

 なお、贈呈されたリフレクターは栃木県内小学校の3年生から4年生、約3万2000人に配布される予定です。

【画像】これはカッコいい!パトカー仕様のレクサス「KC」を画像で見る(5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント