「これぞ日産の復活!」 最強SUV「パトロールNISMO」 ゴツいデザインを気に入る人多し

日産は新型「パトロールNISMO(2021年モデル)」を2021年4月に中東で発売することを明かしています。近年のスタイリッシュなSUVとは一線を画するデザインですが、ユーザーからの反響はどうなのでしょうか。

ゴツいSUVってカッコイイよね

 2021年3月31日、日産の中東法人は新型「パトロールNISMO(2021年モデル)」を世界初公開しました。
 
 近年、スタイリッシュなSUVが多いなか、スポーティかつ角張ったデザインを採用したパトロールNISMOに対して、ユーザーはどのような印象を持っているのでしょうか。

大迫力の日産顔!? 新型「パトロールNISMO」爆誕! 中東限定発売はもったいない!
大迫力の日産顔!? 新型「パトロールNISMO」爆誕! 中東限定発売はもったいない!

 ドバイでお披露目された新型パトロールNISMOについて。日産は「印象的なエクステリアに高級車の洗練性とスポーツカーの爽快なパフォーマンスを兼ね備えている」と説明しています。

 新型パトロールNISMOのエクステリアは、新しいフロントマスクとVモーショングリルにハニカム構造の立体的なメッシュを採用。さらに、水平方向のクロームラインが存在感を際立たせており、日産の大型SUVのNISMO仕様にふさわしいデザインです。

 リアビューからのデザインは、車幅を強調するためにシンメトリーなバンパーを採用。

 ダーククロームをあしらったテールランプを新たに採用しているほか、F1マシンからヒントを得たLEDリアフォグランプを搭載し、悪条件のなかでブレーキランプと同じ明るさを誇っています。

 なお、NISMO仕様の特徴である赤いラインがアクセントとなり、ボディ輪郭をより強調。

 インテリアは、ラグジュアリーな印象に加えて、NISMOらしいスポーティさを表現します。

 フロントシートは、ドライバーがクルマと一体になれるように配慮されており、プレミアムな品質とクラフト感のあるキルティングは、パフォーマンスとラグジュアリーさを演出しているといいます。

 今回、くるまのニュースではSNSにてパトロールNISMOのデザインについてアンケートを実施。集まった主な声は以下のとおりです。

 ・乗りたい。ゴツイ! カッコイイ! 昭和な感じで大好き!
 ・四角基調のデザインで走ってたら絶対に二度見するぐらいゴツいNISMOの色合いとも相性バッチリ
 ・これぞ日産の復活! という感じがする
 ・無骨で野暮ったい
 ・かっこ悪いとまではいわないが、どこを走ってほしいのかよく分からないデザイン。

※ ※ ※

 最近の世界的なSUVのデザインは、Cピラーを寝かせたようなクーペスタイルがトレンドとなりつつあります。

 しかし、パトロールNISMOは、ベースとなるパトロールがもつオフロードかつゴージャスなテイストに加えて、日産のモータースポーツを支えるNISMOのアクセントがほどよくマッチしたモデルです。

 今回のパトロールNISMO(2021年モデル)は、1951年に発売された初代パトロールが2021年で誕生70周年を迎えたことを記念して、中東地域の限定で発売されます。

【画像】超ゴツイ! カッコイイ! ヤバいSUV「パトロールNISMO」がスゴイ! 全容を見る!(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. いくらかっこよくても国内販売されないんじゃ絵に描いた餅

  2. よくこうしたもったいないとか書いてる記事を見かけるけど、何歳くらいの方書いてるのかなって思いますね。国内で本当に需要あるとは思えませんが

    • 国内日産ファンには需要あるじゃないですか?
      こんな記事にいちいち食ってかかるアナタこそ何歳って思いますね

  3. あなたに需要はなくても国内日産ファンには需要があるのでは?
    こんな記事ごときに食ってかかる
    あなたこそ何歳って思いますねw

  4. 国内メーカー各社、なんでこういう面白い車が国内で出ないんだろうね

    売れないから売らないんじゃなくて、世間は作ってるの知らないからマーケティングで上がってこないんだと思う