小型で軽量なガソリンエンジン搭載モデル! メルセデスのオールラウンドなコンパクトSUV「GLA 180」登場

メルセデス・ベンツ日本は、同社の都市型SUV「GLA」に「GLA 180」を追加し、2021年4月5日より、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて予約注文の受付を開始した。

ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル

 メルセデス・ベンツ日本は2021年4月5日、同社の都市型SUV「GLA」に「GLA 180」を追加し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて予約注文の受付を開始すると発表した。

メルセデス・ベンツ「GLA 180」
メルセデス・ベンツ「GLA 180」

 日本だけでなく世界中で成功を収めた初代GLAは、2014年にフルモデルチェンジを受け現行GLAとなった。2代目GLAは、コンパクトなボディにメルセデス・ベンツのSUV技術を凝縮させつつも、都市での日常生活にも適したスタイリッシュでオールラウンドなコンパクトSUVとなっている。

 そして今回追加となるGLA 180は、パワートレインに排気量1.4リッター、オールアルミニウムのM282エンジンを搭載。超小型、軽量、優れた動・静剛性を実現する。

 ターボチャージャーには電子制御ウェストゲートが搭載され、フレキシブルな過給圧制御により、低負荷域においても最適な過給圧を設定することが可能となった。もうひとつの技術的な特徴であるデルタ形シリンダーヘッドには、通常のシリンダーヘッドに比べると、装着時の高さがある一方で、幅や重さははるかに小さくなっている。

 そのほか、インテークマニホールドとエグゾーストマニホールドを半一体型とし、コンパクト化を可能にしたこともメリットとなる。

 ダイムラーは、最大圧力250barの高圧インジェクションポンプを省スペースで配置する技術に対しての特許を取得しており、これは多孔式インジェクションノズルを燃焼室の中央に置き、バルブに燃料ジェットを当てずに燃料を噴射するものだ。

 さらに、この高圧縮比4気筒エンジンはノイズの低減にも注力されており、吸気ダクトにヘルムホルツ共鳴器を採用。触媒コンバーターには遮音シールが施されたほか、カバーもノイズ低減の役目を果たすなど、細部までこだわった仕様となっている。

 GLA 180の価格(消費税込)は495万円。納車は2021年5月を予定している。

メルセデス・ベンツ・GLAクラス のカタログ情報を見る

【画像】軽くて楽しいコンパクトSUV メルセデス・ベンツ「GLA 180」を見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ディーゼル4maticを先行発売した意味がこれだったんだなw
    サスのストロークの短いA180ならGLA180のほうが良いかもしれないね、同じFFならGLAが良いかも、先代の1600ターボは走り出しには非力感があるものの以降は乗りやすい車だったけど、ドイツ車は排気量並み以上の仕事をする車が多いので楽しみな車だね
    4maticも右ハンドルの構造上で前輪にトルクを配分しにくいGLCよりFFベースのGLAの4maticなら使いやすいだろね、ただ先代のGLA220 4maticはカーブや旋回時に前軸と後軸の回転差を後輪のスリップとして稀に検知してしまい微振動が発生する難点はあったのは改善されたのだろうか?
    今のところはメルセデスの4maticを右ハンドルで乗るならFFベースが良いかもしれないね。