VW新型「パサート」日本上陸! ヴァリアントとオールトラックも同時に登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2021年4月6日、新型「パサート」「パサート ヴァリアント」「パサート オールトラック」を発表、販売を開始した。

運転支援システム「トラベルアシスト」をVW車として初採用

 フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2021年4月6日、新型「パサート」「パサート ヴァリアント」「パサート オールトラック」を発表、販売を開始した。

VW改良新型「パサート ヴァリアント」写真は2.0TDIを採用した「R-Line(Rライン)」
VW改良新型「パサート ヴァリアント」写真は2.0TDIを採用した「R-Line(Rライン)」

 今回登場した新型パサートは、2014年秋のパリモーターショーでデビュー、2015年に日本上陸した第8世代パサートのマイナーチェンジモデルだ。

 エクステリアではフロントグリルやフロント・リアのバンパーなどが新しい意匠に変更されている。また「Passat」ロゴはリアの中央部分に移された。

 ボディサイズは、従来型と比べて全高・全幅・ホイールベースは変わらず、全長がセダンはプラス5mm、ヴァリアントはプラス10mm、オールトラックはプラス5mmそれぞれ大きくなっている。

 搭載するパワートレインは、ガソリンエンジンが従来の1.4リッターTSIに代わり、最新世代の1.5リッターTSIを採用。最高出力150ps・最大トルク250Nmというスペック自体は従来の1.4TSIと変わっていない。

 ディーゼルエンジンは従来どおりの2リッターTDIで190ps・400Nmを発生する。2.0TDIに組み合わされるトランスミッションは、従来は6速DSG(DCT)だったがガソリンモデルと同じく新たに7速DSGが採用されている。

 新型パサート オールトラックは、シリーズ唯一の4MOTION(4WD)を採用。長距離走行に適したディーゼルエンジンと、卓越した走りを実現する四輪駆動システムを組み合わせ、ラフロードにも対応するオールラウンドな走行性能を持ち合わせている。

 新型パサートにはフォルクスワーゲン(VW)初採用となるふたつの運転支援システムを採用しているのがトピックとなる。

 ひとつは、同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist(トラベルアシスト)」。これは従来の渋滞時追従支援システム「Traffic Assist(トラフィックアシスト)」をさらに進化させたシステムで、車速域が0km/hから210km/hで作動し、ドライバーがあらかじめ設定した車速内において、前走車との車間および走行レーンの維持をサポートするというもの。

 これにより、とくに高速道路などでの長距離移動において安全性の向上や疲労の軽減に寄与する。

 またステアリングホイールには静電容量式センサーを採用することで、軽く手を添えるだけで継続的な作動が可能となり、大幅に快適性が向上している。

VW改良新型「パサート」のインパネ
VW改良新型「パサート」のインパネ

 もうひとつはLEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT(アイキュー ライト)」だ。これはフロントカメラで対向車や先行車を検知し、マトリックスモジュールに搭載された32個のLEDを個別にオン/オフの制御をすることで、最適な配光を可能にした最新のヘッドライトシステムになる。

 ステアリングの切れ角に応じて配光を変更する「ダイナミックコーナリングライト機能」も標準装備し、前方の安全性をさらに向上させている。

 新世代インフォテイメントシステムは、eSIM内臓の通信モジュールを搭載し、常時コネクティッド(オンライン接続)のヘッドユニットとなる。ラインナップは8インチ液晶を搭載したディスプレイオーディオ「Ready 2 Discover(レディトゥディスカバー)」、9.2インチ大型モニターを搭載したナビゲーションシステム「Discover Pro(ディスカバープロ)」の2種類から構成され、グレードによって選択が可能だ。

 またデジタルメータークラスター「Digital Cockpit Pro(デジタルコックピットプロ)」もエントリーグレードからオプションで選択可能(上級グレードは標準装備)となっている。

 グレード構成は、従来の「Eleganceline(エレガンスライン)」に代わりパワーシートを標準採用した「Elegance(エレガンス)」、従来の「Highline(ハイライン)」に代わり駐車支援システム「パークアシスト」やヘッドアップディスプレイなど先進装備を多数標準装備した「Elegance Advance(エレガンス アドバンス)」の2グレードを、ガソリン/ディーゼルそれぞれのパワートレインに合わせて合計4グレード展開。

 ステーションワゴンタイプのパサート ヴァリアントには、セダン同様の2グレードに加え、2.0TDIを採用しプレミアムスポーツワゴンとしての魅力を満載した「R-Line(Rライン)」を加えた5グレードで展開される。

 車両価格は以下のとおり。

●新型「パサート」車両価格

・TSIエレガンス  429万9000円
・TSIエレガンス アドバンス 499万9000円
・TDIエレガンス 464万9000円
・TDIエレガンス アドバンス 534万9000円

●新型「パサート ヴァリアント」車両価格

・TSIエレガンス 449万9000円
・TSIエレガンス アドバンス 519万9000円
・TDIエレガンス 484万9000円
・TDIエレガンス アドバンス 554万9000円
・TDI Rライン 584万9000円

●新型「パサート オールトラック」

・TDI 4MOTION 552万9000円
・TDI 4MOTION アドバンス 604万9000円

【画像】ついに日本上陸! VW改良新型「パサート」シリーズをチェック(47枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント