トヨタ新型「86」世界初公開! 9年ぶりにスバル「BRZ」と共に全面刷新

トヨタとスバルは、共同開発した新型モデルとして、新型「GR86」を世界初公開するとともに、新型「BRZ」を日本初公開しました。9年ぶりのフルモデルチェンジとなる両車は、いったいどのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ「86」&スバル「BRZ」がフルモデルチェンジで新型へ

 トヨタとスバルが共同開発した新型モデルとして、トヨタは新型「GR86」を2021年4月5日に世界初公開すると同時に、スバルは新型「BRZ」を日本初公開しました。

2代目も共同開発で誕生したトヨタ新型「GR86」(左)とスバル新型「BRZ」(右)
2代目も共同開発で誕生したトヨタ新型「GR86」(左)とスバル新型「BRZ」(右)

 2012年に登場した初代86/BRZは、スバルの水平対向エンジンとトヨタの直噴技術「D-4S」を世界で初めて採用したFRスポーツカーとして、操る楽しさや走りの楽しさを追求。

 ラリーやワンメイクレース、ジムカーナといった参加型モータースポーツのベース車として使用するほか、カスタムして自分だけの86/BRZを作り上げる喜びなど、スポーツカーを文化として根付かせることにも成功しました。

 初代86はグローバルで累計20万台以上を販売。2012年はグローバルで約4万5000台を販売し、そのうち約2万3000台は日本のユーザーが購入しています。

 一方、直近の2020年は、グローバルで約8000台、日本では約4000台まで販売台数が低下しており、テコ入れのタイミングに差し掛かっていました。

 2019年9月にトヨタとスバルで合意した業務資本提携のなかで、新型モデルも2社で共同開発することを公表し、そして2021年に9年ぶりとなるフルモデルチェンジが実施されることになりました。

 新型GR86と新型BRZの開発では、トヨタのモータースポーツを主導するTOYOTA GAZOO Racing(TGR)とスバルが切磋琢磨し、クルマのベースを共有しながらそれぞれの個性を伸ばした異なる味付けをおこなうことに注力。

 トヨタは「86ファンに喜んでもらえる86らしい味の進化」、スバルは「誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー」を実現したといいます。

 なお新型86は、2019年の「GRスープラ」、2020年の「GRヤリス」に続く、TGRが展開するスポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第3弾として、新たに「GR86」という車名になります。

【画像】顔が違う!? これがトヨタ新型「GR86」&スバル新型「BRZ」だ!(45枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. GTカーを目指すのか?軽量ライトウエイトを目ざすのか?どちらなんだろう?中途半端?なぜ重くしたん?

  2. なんかダサくなったな

  3. なんかダサくなった?
    フロントはともかくリアはこれでいいのかな?
    自分のセンスがないだけかな。

  4. 顔が可愛くなっちゃったな。硬派?したいのか?
    なんなのか?ぶれてる?
    顔はもっと勝負して良かったんじゃないの?
    買う層は限られてるし。セリカのような革新的なデザイン欲しかったなー
    走りは進化してそうだけど。とっかかりは顔だからな。でも世に出ただけでも嬉しい!!自分としてはモデリスタに期待!

  5. う~ん、
    ペンギンとカワセミ?

  6. しかし、2012年発売で
    2人のスポーツカーが年間とはいえ
    4000台は立派だと思う

  7. 並んで走ってる写真、新しいZとRX-8みたい

  8. でた!この必衰パターン。エンジンデカくしたらスープラますます売れなくなるじゃん。
    1.6Lターボでじゅうぶんな車格じゃないの?