トヨタ「パッソ」とダイハツ「ブーン」を一部改良! さらに安全装備が充実した小型車へ

小型乗用車トヨタ「パッソ」とダイハツ「ブーン」の一部改良がおこなわれ、2021年4月1日に発売されました。

全グレードで安全装備を強化

 2021年4月1日に、一部改良が施されたトヨタ 新型「パッソ」とダイハツ 新型「ブーン」が発売されました。

トヨタ 新型「パッソ」
トヨタ 新型「パッソ」

 ブーンは、ダイハツが軽自動車で培ってきた技術やノウハウをコンパクトカーに展開し、スマートかつ上質なデザインで幅広いユーザーに人気の乗用車です。

 2016年に現行モデルとなる3代目を発売。ベースモデルのブーン、「ブーン シルク」に加え、2018年には「ブーン スタイル」が設定されるなど、選べる3つのデザインが人気となっています。

 今回の一部改良では、グレード体系を整理し、全グレードにスマートアシストとオートライトを標準装備。ブーンX“LパッケージSA III”にLEDヘッドランプが標準装備されるなど、安全性を向上させた上で一部装備が見直されました。

 ボディカラーも一部変更され、新たにターコイズブルーマイカメタリックが追加されています。

 ブーンの一部改良と同時に、トヨタにOEM供給される姉妹モデルとなるパッソも一部改良が施され、「X」グレードにスマートアシストIIIとコンライトを全車標準装備。「X“L package”」にはLEDヘッドランプが標準装備されました。

 さらに快適装備として、Xグレードのリアドアおよびバックドアに、UVカット機能付プライバシーガラスを採用。シルバー+ピアノブラック調加飾が施されたオーディオクラスターとサイドレジスターリングを設定するなど、内装の質感も向上されています。

 また、全グレードで外板色のラインアップが見直され、ターコイズブルーマイカメタリックが新たに設定されました(モノトーン9色、ツートーン4色の全13色)。

 価格(消費税込)は、新型パッソ、新型ブーン共に126万5000円からとなっています。

トヨタ・パッソのカタログ情報を見る

ダイハツ・ブーンのカタログ情報を見る

【画像】一部改良されたトヨタ「パッソ」とダイハツ「ブーン」を画像で見る(5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント