親に運転免許を自主返納してもらいたい年齢の平均は? 安全運転と春レジャーに関する調査結果

ホンダ車をさらに魅力的・快適・安全にする製品を提供するホンダアクセスが、2021年3月4日から3月6日の3日間、自家用車を持っている20歳から69歳のドライバー1000人に対し「春レジャーと安全運転に関する調査2021」をインターネットリサーチで実施し、その集計結果を公開しました。

ドライバーの64%が「安全運転に自信がある」

 ホンダ車をさらに魅力的・快適・安全にする製品を提供するホンダアクセスが、「春レジャーと安全運転に関する調査2021」の結果を公開しました。

クルマで出かけるイメージ
クルマで出かけるイメージ

 同調査の対象となったのは、自家用車を持っている20歳から69歳のドライバー1000人で、調査期間は2021年3月4日から3月6日の3日間です。

 まず全回答者に、自身の安全運転にどのくらい自信があるかを聞いたところ、「とても自信がある」が8.1%、「まあ自信がある」が55.6%で、自信があると答えた人の合計は63.7%でした。

 一方で、「まったく自信がない」は6.1%、「あまり自信がない」は30.2%と、自信がない人の合計は36.3%となり、安全運転を実践するドライバーと自負している人が多いようです。

 続いて同じ1000人に、どのようなことを心がけて運転しているかを聞いたところ、「スピードを出しすぎない」の68.4%がもっとも高く、次いで、「ゆとりをもった車間距離をとる」が66.7%、「急のつく運転をしない(急発進・急ブレーキ・急ハンドルなど)」が65.8%となりました。事故の危険性が高まるような運転は避け、普段から安全運転を実践している人が多いようです。

 以降、「ミラーの位置を調整する」が61.3%、「むやみに追い越しをしない」が60.9%と続く結果となっています。

 また、運転をしていて、ほかのクルマのどのような運転に危険を感じたことがあるかを聞いてみると、「強引な割り込みをする運転」の59.4%がもっとも高く、次いで、「ノーウインカーで右左折する運転」が57%、「スマホいじり運転」が44.5%、「信号無視運転」が42.7%、「あおり運転」が42.5%という結果となりました。

 前回の調査結果と比較すると、強引な割り込みをする運転が前回の調査では51.6%だったのが、今回の調査では59.4%に増加。スマホいじり運転は前回の調査では38.4%だったのが、今回の調査では44.5%に増える結果となっています。

 ほかにも、信号無視運転が前回の調査では34%だったのが、今回の調査では42.7%、チョロチョロと車線を変更する運転が前回の調査では30.1%だったのが、今回の調査では35.3%、意地でも割り込みをさせない運転が前回の調査では21.3%だったのが、今回の調査では29.6%など、全体的に増加傾向です。

 運転していてヒヤリと感じた経験については、「人や自転車が飛び出してきた」が53.1%ともっとも高く、次いで、「走行中に前のクルマに追突しそうになった」が33%、「動物が飛び出してきた」が24.4%、「クルマがスリップしそうになった」が23.7%、「車線変更時に他のクルマと接触しそうになった」17.7%でした。

【画像】安全運転を心がけてる? 春レジャーと安全運転に関する調査結果を見る(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント