レクサス「LF-Z」世界初公開! 電動車10以上を2025年までに投入 高級ブランドの今後はいかに

レクサスは、2025年の実現を見据えた技術を盛り込んだEVのコンセプトカー「LF-Zエレクトリファイド」を2021年3月30日に世界初公開しました。また、今後のレクサスはどのような方向性を打ち出すのでしょうか。

2025年までに全車種に電動車を設定へ

 レクサスは、2025年までの実現を見据えている先進技術を盛り込んだEVのコンセプトカー「LF-Zエレクトリファイド」を2021年3月30日に世界初公開しました。
 
 また2025年にはすべての車種に電動車(EV・PHV・HVなど)を設定すると明言していますが、自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えるなか、レクサスはどのような戦略を打ち出しているのでしょうか。

レクサスが公開したコンセプトカー「LF-Zエレクトリファイド」
レクサスが公開したコンセプトカー「LF-Zエレクトリファイド」

 今回発表されたLF-Zエレクトリファイドは、レクサスが東京モーターショー2019で発表した電動化ビジョン「Lexus Electrified」で今後目指すとされた「車両基本性能の大幅な進化」を実現するため、EV専用プラットフォームを採用。

 レクサスが培ってきた電動化技術と車両運動制御技術が融合され、ドライバーの感性に寄り添った走りの進化を目指しているといいます。

 そしてレクサスは2025年までに10以上の電動車を含む約20車種の新型車および改良モデルをグローバルで投入すると発表しました。

 発売される新型車のボディタイプは、旗艦モデルのセダンやSUVのみならず、スポーツモデル、ショーファーカー(専属運転手がVIPを乗せて運転することが想定されるクルマ)の新しい在り方を提示するモデル、そしてこれまでにない新ジャンルのモデルなどさまざまです。

 そのうえで前述のとおり全車電動車となって、電動車の販売比率が純ガソリンエンジン車の比率を上回ることを目指しているといいます。

 2050年には、全ラインナップにおける材料製造、部品製造、車両製造、物流、走行、廃棄およびリサイクルの各段階を含めたライフサイクル全体のカーボンニュートラルを目指したクルマづくりに挑戦するということです。

 この目標を達成するクルマづくりのため、愛知県にある「トヨタテクニカルセンター下山」内にレクサスの新たな事業拠点を開設。

 開発、デザイン、生産技術、企画に携わるスタッフが次世代のクルマづくりに一丸となって取り組むほか、社外パートナーとの共創も促す拠点にするといいます。

 レクサスインターナショナルのプレジデントおよびチーフブランディングオフィサーを務める佐藤恒治氏は次のようにコメントしています。

「世界中でさまざまな困難に直面しながらも、懸命に努力をされているすべての皆様へ、心から敬意を表します。

 我々はカーボンニュートラル社会の実現といった社会的使命を果たしながら、クルマがもたらす楽しさ、喜びをこれからも提供し続けることで、お客さまやレクサスに携わるすべての皆様の幸せと笑顔に貢献してまいります。

 2021年に発表する2車種の新型モデルを皮切りに、多様化するお客さまのライフスタイルに彩りを添える愛車として、新しい価値を提供するモデルを続々と投入してまいります。

 モビリティ社会の未来を創るという強い意志を持ったこれからのレクサスにどうぞご期待ください」

【画像】レクサスの最新クーペSUVがカッコいい! 世界初公開「LF-Zエレクトリファイド」を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント