ライバルは新型ヴェゼル!? トヨタ「カローラクロス」に対する声「デザインは好み」が多数!

タイで発売されているトヨタのコンパクトSUV「カローラクロス」。2021年秋には日本での発売も噂されていますが、ユーザーが考えるライバルとはどのようなものなのでしょうか。

ユーザーが考える「カロクロ」のライバルとは

 トヨタのコンパクトSUVとなる新型「カローラクロス」が2021年秋頃に日本市場へ導入されるといわれています。

 激戦区となるコンパクトSUVジャンルにおいて、ユーザーはカローラクロスのデザインやライバルについてどのような意見があるのでしょうか。

登場が待ち望まれるトヨタ「カローラクロス」。ユーザーはホンダ新型「ヴェゼル」をライバルに挙げる人が多い
登場が待ち望まれるトヨタ「カローラクロス」。ユーザーはホンダ新型「ヴェゼル」をライバルに挙げる人が多い

 カローラクロスは、トヨタのカローラシリーズにおけるSUVとして2020年7月にタイを始めとするアジア地域で順次発売されています。

 カローラクロス(タイ仕様)のエクステリアは、すでにグローバル市場で展開されている「カローラスポーツ(ハッチバック)」、「カローラ(セダン)」、「カローラツーリング(ワゴン)」とは異なるデザインとなっています。

 先行して展開されているカローラシリーズのフロント部分は、上部にヘッドライト先端から中央部のエンブレムにかけて繋がったような造形かつ、下部には末広がりのロアグリルを採用しているのが特徴的です。

 一方のカローラクロスは、フロント全面に末広がりのグリルを配置し、その縁には加飾された枠を採用。

 中間部分に樹脂製の黒いバンパー部分を水平に配置し、下部にロアグリルとシルバー調のアンダーバンパーを装着することで、SUVらしさを強調しました。

 サイドビューでも樹脂製のフェンダーモールやサイドバンパー、リアにもシルバー調のアンダーバンパーを装着しています。

 最近のSUVでは、トヨタ「ライズ」や「RAV4」がかつて流行ったオフロード風なタフデザインを採用。また、トヨタ「ヤリスクロス」でも塊感のあるデザインや樹脂製フェンダーモールを装着するなど、都市型SUVながら走破性などをイメージさせています。

 一方で、もしカローラクロスが日本に導入されたら競合車種になると予想される日産「キックス」(2020年6月登場)は、樹脂製フェンダーモールやシルバー調バンパーを装着しているものの、スタイリッシュなデザイン採用。ハイブリッド車(e-POWER)のみの設定ということもあり、先進的なデザインを表現しました。

 また、ホンダが2021年4月に発売するコンパクトSUVの新型「ヴェゼル」では先代モデルのスポーティなイメージから電気自動車のような無機質風のデザインに変わっています。

 これについて、新型ヴェゼルの開発担当者は「新型ヴェゼルではe:HEV(ハイブリッド車)をメインに訴求するため、ハイブリッド車と電気自動車の間をイメージさせるデザインを採用した」と説明しています。

※ ※ ※

 このように、昨今のコンパクトSUVではそれぞれの個性に合わせたデザインが採用されています。

 今回、くるまのニュースではSNSにて「カローラクロス」に関するアンケートを実施しました。

 そのなかで、エクステリアデザインの好みに関する設問で、上位となった回答では次のような結果となっています。

 ●「好み」(40%)
 ●「普通」(36%)
 ●「苦手」(16%)

※ ※ ※

 さまざまなユーザーのニーズに適した展開を続けてきたカローラシリーズですが、もしカローラクロスが日本に投入された際、どのような評価となるのか、注目されています。

【画像】カロクロ&新型ヴェゼルは純正カスタムがアツい! 標準とは異なる仕様を見る!(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント