22年3月生産終了へ! ホンダ「S660」ラスト特別仕様車の特徴は? 開発者の声届ける企画も始動

ホンダは「S660」の生産を2022年3月で終了すると2021年3月12日に発表しました。2015年の発売以降、さまざまな特別仕様車やコンプリートモデルの登場も話題となりましたが、これまでどんなモデルが登場したのでしょうか。また、最後の特別仕様車に込められたこだわりとはいったい何でしょうか。

S660オーナー向けの参加型コンテンツも開始

 ホンダが2021年3月12日に「S660」の生産を2022年3月で終了すると発表し、ユーザーからは大きな反響が寄せられています。

 生産終了にともない、特別仕様車の発売をはじめ多くの施策がおこなわれるというのですが、最後の特別仕様車「モデューロX バージョンZ」はどのようなモデルとして登場するのでしょうか。

2021年3月12日に発売されたホンダ「S660 Modulo X Version Z」
2021年3月12日に発売されたホンダ「S660 Modulo X Version Z」

 S660 モデューロX バージョンZのベースとなる「S660 モデューロX」は、ホンダアクセスのアクセサリーブランド「Modulo」の名前を冠したS660のコンプリートカーです。

 ホンダアクセスが開発した専用カスタマイズパーツをベース車と同じ工場で装着。

 専用開発のサスペンションや空力特性を活かしたパーツなどの採用により、スポーティな外観だけでなくModuloブランドが提案してきた「上質でしなやかな走り」を実現する軽オープンスポーツカーとしてラインナップされてきました。

 今回、生産終了発表にあわせて3月12日に発売されたS660 モデューロX バージョンZは、S660 モデューロXの専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付)をブラック塗装としたほか、アルミホイールの塗装はステルスブラック、エンブレムはブラッククローム調とするなどして精悍な印象を演出。

 ボディカラーは「プレミアムスターホワイト・パール」に加え、特別色として「ソニックグレー・パール」を設定しています。

 内装は専用となるスポーツレザーシートや本革巻ステアリング、メーターをはじめとしたさまざまな箇所にボルドーレッド×ブラックの配色を採用。スポーティかつ上質な雰囲気が演出されました。

 また、S660オーナーに向けた参加型コンテンツの「#WELOVES660」や、S660オーナー・開発者・製造者のエピソードやメッセージを発信する「S660 History」といったコンテンツも、生産終了の発表と同時に開始されました。

 それではここでクイズです。

 2021年現在、軽の国産軽2人乗りスポーツカーとしてS660とダイハツ「コペン」が存在しますが、1990年代前半には車名の頭文字から“ABCトリオ”と呼ばれた3台の軽スポーツカーがありました。

 ABCトリオのAはマツダ「AZ-1」、BはS660の前身ともいえるホンダ「ビート」です。それでは、Cにあたるもう1台は、次のうちどれでしょうか。

【1】サイノス

【2】CR-X

【3】カプチーノ

【4】キャスト

※ ※ ※

 正解は【3】の「カプチーノ」です。

 カプチーノはスズキの軽オープンスポーツカーで1991年に登場。FRレイアウトを採用し、ロングノーズ・ショートデッキな外観が特徴でした。

 縦置きエンジンをフロントミッドシップに搭載したこともあり、51:49という前後重量配分を実現。1998年まで生産されていました。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

ホンダ・S660 のカタログ情報を見る

【画像】レッド×ブラックでカッコ良い! 機能美も光るホンダ「S660 モデューロX バージョンZ」を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント