まさにターボマジック! ターボエンジンで大化けしたコンパクトカー3選

1980年代にターボエンジンが普及すると、国産車の高性能化が一気に進みました。当初は中型モデルからターボエンジンが搭載されましたが、次第に小型モデルにも波及。そこで、ターボによって飛躍的に高性能化したコンパクトカーを、3車種ピックアップして紹介します。

飛躍的に高性能化を果たしたコンパクトカーを振り返る

 1979年に日産は「5代目セドリック/6代目グロリア」に、国産車で初となるターボエンジンを搭載しました。その後、ターボエンジンの普及が拡大し、1980年代になると国産車の高性能化が一気に加速。各メーカー間でパワー競争が繰り広げられました。

かつて隆盛を誇っていたターボエンジンの高性能コンパクトたち
かつて隆盛を誇っていたターボエンジンの高性能コンパクトたち

 ターボエンジンは当初中型クラスのクルマから搭載されましたが、次第により小型のクルマにも波及し、軽自動車にも搭載されるようになり、現在につながります。

 そこで、ターボエンジンによって飛躍的に高性能化したコンパクトカーを、3車種ピックアップして紹介します。

●マツダ「ファミリア GT-X」

国産車初のフルタイム4WD車という歴史的なモデル「ファミリア GT-X」
国産車初のフルタイム4WD車という歴史的なモデル「ファミリア GT-X」

 マツダはトヨタ「カローラ」、日産「サニー」という二大大衆車に先駆け、1963年に初代「ファミリア」を発売。同社初の小型乗用車でした。

 その後、ファミリアはマツダの主力車種として代を重ね、1980年にデビューした5代目はFF化され、スタイリッシュなフォルムから大ヒットを記録。同時にシリーズ初のターボエンジン車もラインナップされます。

 そして、1985年に登場した6代目は、大ヒットした5代目の外観デザインを踏襲しながら、角を丸めることでよりスマートな印象となっています。

 この6代目ファミリアには、日本初となるフルタイム4WD車の「ファミリア 1600GT-X」がラインナップされました。

 エンジンは最高出力140馬力を誇る1.6リッター直列4気筒DOHCターボを搭載。ハイパワーなターボエンジンとフルタイム4WDの組み合わせによって、動力性能は2リッターターボ車に迫るほどでした。

 4WDシステムはプラネタリーギア方式のセンターデフを用いており、とくに滑りやすい路面では室内にあるデフロックスイッチで前後輪の駆動配分を固定し、駆動力が高められる機構を採用。

 また、圧搾エアーによって悪路を想定した2段階の車高調整機能が装備されるなど、先進的な技術が惜しみなく投入されました。

 ファミリア GT-Xはラリーにも参戦を果たし、好成績を収めたことがイメージアップにつながり、走り好きの若者を中心に高い人気を誇りました。

●三菱「ミラージュ サイボーグ」

高性能なターボ車として一世を風靡した「ミラージュ サイボーグ」
高性能なターボ車として一世を風靡した「ミラージュ サイボーグ」

 1978年に発売された三菱初代「ミラージュ」は、「ランサー」に代わる大衆車のポジションを担う新世代のコンパクトカーです。同社初のFF車であり、広い室内と欧州テイストのスタイリッシュな外観でヒット車となりました。

 そして1982年にはライバルに先駆けてターボエンジンを搭載し、最高出力105馬力を発揮する1.4リッター直列4気筒ターボの「ミラージュIIターボ」がきっかけとなり、コンパクトカーのパワー競争が勃発したほどです。

 三菱の主力車種となったミラージュは代を重ね、1987年に3代目が登場し、トップグレードには1.6リッター直列4気筒DOHCターボエンジン「4G61型」を搭載。最高出力145馬力を誇るスポーティモデル「サイボーグ 16V-T」がラインナップされます。

 さらに1989年のマイナーチェンジでは最高出力160馬力までパワーアップされ、ハイパワーな2WD/4WD車として一時代を築き、モータースポーツでも活躍。

 しかし、4代目から高性能グレードが高回転型自然吸気エンジンにシフトしたため、過激なターボモデルはこの3代目の一代限りとなってしまいました。

【画像】高性能車に夢中だった頃が懐かしい! 往年のハイパワーコンパクトカーを見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント