ガチ最速仕様のトヨタ「ハイエース」登場! 本格カスタムパーツ装着で超進化 4月実戦投入へ

トヨタの商用車「ハイエース」が、2021年の全日本ラリーやTOYOTA GAZOO Racing RALLY challengeに参戦します。参戦にあたり、どんな車両が開発されているのでしょうか。

TOYOTA GAZOO Racing RALLY challengeへの参戦も追加発表

 トヨタの商用車として知られる「ハイエース」が、2021年4月上旬から全日本ラリーにスポット参戦します。ハイエースがモータースポーツ車両のベース車になるのは非常に珍しいといえますが、いったいどんなハイエースが誕生するのでしょうか。

ラリー仕様となるCAST RACINGのハイエース
ラリー仕様となるCAST RACINGのハイエース

 今回、ハイエースで2021年の全日本ラリーに挑戦するチームは、丸徳商会とサンコーワークスが結成したチーム「CAST RACING」です。

 サンコーワークスは200系ハイエース向け車検対応機能性パーツ「CAST」(キャスト)の開発・製造を手掛けており、丸徳商会はCASTの1次代理店として関わっていますが、今回CAST RACINGとしてチームを結成し、製品開発の実地検証を兼ねて全日本ラリーへのスポット参戦が決定しました。

 全日本ラリーへの参戦クラスはJN-3クラスで、ドライバーはサンコーワークス代表 喜多見孝弘氏、コ・ドライバーは木原雅彦氏が務める車両「CAST RACING SANKO」と、ドライバーは国沢光宏氏、コ・ドライバーは槻島もも氏が務める車両「CAST RACING MARUTOKU」の2台体制で参戦します。

 今後、4月9日から11日にかけて開催される第3戦「ツールド九州2021in唐津」を皮切りに、第5戦「RALLY丹後2021」(5月21日から23日)、第6戦「MONTRE2021」(6月11日から13日)、第9戦「RALLY HOKKAIDO」(9月10日から12日)へ参戦予定です。

 また2021年3月4日には同年のTOYOTA GAZOO Racing RALLY challengeにも追加で参戦することが発表されました。

 参加するイベントは第5戦「渋川 伊香保」(7月3日から4日)と第10戦「高岡 万葉」(10月9日から10日)で、車両は「CAST RACING MARUTOKU」、ドライバーは板倉麻美氏、コ・ドライバーは槻島もも氏が担当します。

 CAST RACINGは今後の活動に向けて「ラリーファンの皆様、ハイエースファンの皆様の応援、よろしくお願いいたします」とコメントしています。

 それではここで、ラリー用語に関するクイズです。

 CAST RACINGのハイエースが初参戦する第3戦「ツールド九州2021in唐津」は閉鎖されている舗装された公道で開催されるイベントですが、ラリーにおいて舗装路のことを一般的に何と呼びますか。

【1】スペシャルステージ

【2】ターマック

【3】レッキ

※ ※ ※

 正解は【2】の「ターマック」です。ターマックでは、未舗装路を意味する「グラベル」の路面よりも車高を下げたセッティングとするのが一般的です。

 ほかの【1】と【3】もラリー用語で、「スペシャルステージ」は一般道を閉鎖してタイムアタック(競技)をおこなう区間を指し、「SS」と略されます。

「レッキ」は競技本番の前におこなうSSの下見走行を指します。レッキでコ・ドライバーはSSの状況をまとめた「ペースノート」を作成し、本番でドライバーに向けて読み上げます。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

トヨタ・ハイエース のカタログ情報を見る

【画像】公道最速!? めちゃ速そうなトヨタ「ハイエース」を画像で見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント