1番欲しいのはドラレコ? コンパクトSUVの標準装備に何を求める?

コンパクトSUVが人気ですが、ユーザーはどのような装備を求めているのでしょうか。

コンパクトSUVに求めるものは何?

 最近、流行りのコンパクトSUVですが、ユーザーはどのような機能・性能を求めているのでしょうか。
 
 今回は、くるまのニュースのSNSにて「コンパクトSUVに求めるもの」として、快適装備、安全機能、走行性能(燃費)に関してアンケートを実施しました。

コンパクトSUVに標準装備して欲しい物として「ドライブレコーダー」が多数となった
コンパクトSUVに標準装備して欲しい物として「ドライブレコーダー」が多数となった

 昨今、国産メーカーでは続々と新規車種としてコンパクトSUVを投入しています。

 ここ数年では、2019年にトヨタ「ライズ」、ダイハツ「ロッキー」、マツダ「CX-30」、2020年にトヨタ「ヤリスクロス」、日産「キックス」、マツダ「MX-30」と相次いで発売されました。

 また、2021年秋頃にはトヨタがタイ市場などを中心に販売している「カローラクロス」が日本へ投入されるといわれています。

 コンパクトSUVに明確な定義はないものの、一般的には全長4500mm未満のSUVが分類されています。

 では、コンパクトSUVに関心を持つユーザーは、どのような装備・機能・性能を求めているのでしょうか。

 最初にコンパクトSUVに「標準装備して欲しい快適機能はなんですか?」という質問では次のような結果となりました。

 ・フルフラットが可能なシートアレンジ(62.5%)
 ・リアシートのリクライニング(53.1%)
 ・リアシートのエアコン(43.8%)
 ・シートベンチレーション(28.1%)
 ・リアシート用の充電機能(28.1%)
 ・リアシートのスライド機構(25%)
 ・ハンズフリーバックドア(21.9%)
 ・4:2:4分割のリアシート(21.9%)

 昨今の新車市場では、軽自動車でもかつての高級車並みの快適機能が採用されています。

 そうしたなかで、コンパクトSUVに欲しい機能としてはフルフラットを重視する声が多くなりました。

 また、リアシートのリクライニングなどフロントだけでなくリアの居住性に関心のあるユーザーが多いことから、リアシートを頻繁に使うことを前提としたユーザーも多いようです。

 昨今、関心が高まっている安全機能において、「標準装備して欲しい機能」に関する質問では、次のような結果となりました。

 ・ドライブレコーダー(78.1%)
 ・衝突被害軽減ブレーキ(68.8%)
 ・アダプティブクルーズコントロール(53.1%)
 ・踏み間違い防止(37.5%)
 ・サイドエアバッグ(37.5%)
 ・車線逸脱抑制機能(37.5%)
 ・SOSコール(15.6%)

 今回の質問では基本的にクルマ自体に搭載される安全機能を中心として項目で実施しましたが、そのなかに後付装備の代表的なものとして「ドライブレコーダー」を入れています。

 結果としては、8割近いユーザーがドライブレコーダーの標準装備を希望しており、さまざまな安全装備があるなかで事故やトラブル時の証拠としても活用出来るドライブレコーダーに関心が集まっているようです。

 ユーザーの安全意識に関して、首都圏の国産メーカーの販売店スタッフは次のように話しています。

「最近では、軽自動車から高級車までどの車種を検討されるお客さまからも安全装備に関する質問を受けます。

 また、ドライブレコーダーに関してはディーラーオプションとなりますが、大半のお客さまが購入されていることもあり、定番化した安全装備として認知されているようです」

【画像】これがヤリクロ&ヴェゼルのカスタム仕様!? ド派手なモデルを見る!(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント