セビージャFC時代のマラドーナの愛車はポルシェ「911」だった! 純正ターボルックとは?

マラドーナがセビージャFC時代に乗っていたポルシェ「911」がオークションに登場した。価格が高騰している空冷時代の911、しかも希少なターボルックの予想落札価格とは?

マラドーナのセビージャFC時代の愛車はポルシェだった

 洋の東西を問わず、有名人が亡くなったあとは、ゆかりのあるものが高値で取引されがちだ。

 VAGUEでは、偉大なるサッカー選手であったディエゴ・マラドーナが、UAEのクラブで監督を務めていたときに所有していた、ロールス・ロイス「ゴースト」とBMW「i8」がオークションに出品されたことを既報しているが、今回紹介する1992年モデルのポルシェ「911」も、マラドーナがかつて所有していた個体である。

●1992 ポルシェ「911カレラ2 カブリオレ ワークス・ターボ・ルック」

マラドーナがスペインのセビージャFC時代に所有していたポルシェ「911カレラ2 カブリオレ ワークス・ターボ・ルック」(C)Bonhams 2001-2021
マラドーナがスペインのセビージャFC時代に所有していたポルシェ「911カレラ2 カブリオレ ワークス・ターボ・ルック」(C)Bonhams 2001-2021

 1984年からマラドーナは、イタリアのナポリに所属していた。背番号は10。1986−1987シーズンに、イタリア南部のチームとしては初めての国内2冠を達成したのは、まさにマラドーナのおかげといっていいだろう。

 しかし1990年ごろから、マラドーナは麻薬の使用などが取り沙汰されるようになり、1991年にはチームを離れることになる。

 そのとき、移籍先のひとつとして噂されていたのが、名古屋グランパスエイトだったのだが、麻薬問題を抱えているということから交渉は不成立となった。

 結果、マラドーナが次に所属したのは、スペインのセビージャFCだった。しかしここでも、毎夜のパーティなどといった生活態度の悪さがたたり、1992年9月から1993年6月までという短期間のみの所属となった。その後は、母国であるアルゼンチンのチームに移籍している。

 今回オークションに出品されたポルシェ911は、そうしたセビージャFC時代にマラドーナが愛用していたクルマだ。

 セビージャに移籍した当初、熱狂的な歓迎を受けたマラドーナだったが、1992年11月にこのポルシェを手に入れたときにはすでに、ピッチ上の活躍ではなくナイトライフの話題が先行する、という状態となっていた。

 マラドーナがスペインを去ったのち、1993年9月にはマジョルカ島に住む人に譲渡され、2000年にフランス人の手に渡り、数人のオーナーの手を経て現在に至っている。

 では、このポルシェ911は、一体どんなクルマなのだろうか。

 この当時の911は、空冷の水平対向6気筒エンジンを搭載している964型と呼ばれるものだ。

 当時911には、NA(自然吸気)エンジンとターボエンジンが存在していたが、ターボエンジン搭載車は、NAエンジン搭載車とは違う、ワイドボディが採用されていた。それに伴って、サスペンションやブレーキシステムも、専用品が採用されていた。

 そんなターボエンジン用ボディに、NAエンジンを搭載したのが、「911カレラ2 カブリオレWTL(ワークス・ターボ・ルック)」である。

【画像】元マラドーナの愛車ポルシェ「911」をチェック!(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント