なぜ高値安定? いまや貴重な存在となっている絶版コンパクトカー3選

近年、クラシックカーや旧車、限定モデルなど希少なクルマの中古車価格が高騰しています。ところが、一見すると希少なモデルではないコンパクトカーでも、ジワジワと相場が上がっているモデルも存在。そこで、中古車価格がちょっと高くなったコンパクトカー3車種をピックアップして紹介します。

じつは希少なモデルになりつつあるコンパクトカーを振り返る

 ここ10年ほどで、1980年代から1990年代に登場したスポーツカーや高性能車の中古車価格が、世界的に高騰しています。また、近年発売された高性能モデルの限定車が投機の対象となって、新車価格以上で取り引きされているケースも散見されます。

ますます貴重な存在になりそうなスポーティコンパクトカーたち
ますます貴重な存在になりそうなスポーティコンパクトカーたち

 こうした状況となった背景としては需要と供給のバランスにあり、クルマに限った話ではありませんが、希少価値が価格の高騰を招いています。

 ところが、一見すると希少なモデルとは思えない国産コンパクトカーでも、比較的高値で推移しているモデルも存在。

 そこで、中古車価格が高値安定傾向にあるコンパクトカーを、3車種ピックアップして紹介します。

●日産「ノート NISMO S」

エンジンも専用とするほど本格的なスポーツモデル「ノート NISMO S」(画像は「e-POWER」)
エンジンも専用とするほど本格的なスポーツモデル「ノート NISMO S」(画像は「e-POWER」)

 2005年に発売された初代「ノート」は、競合ひしめくコンパクトカー市場に投入された日産の次世代グローバルカーとしてデビュー。

 初代は1.5リッターもしくは1.6リッター直列4気筒エンジンを搭載していましたが、2012年発売の2代目では、1.2リッター直列3気筒エンジンにスーパーチャージャーを組み合わせた「ダウンサイジングエンジン」を採用。

 さらにノートといえばエンジンで発電してモーターで走行する「e-POWER」が加わったことで、一躍コンパクトカークラスの販売台数1位(2018年)を獲得するなど、大いに話題となりました。

 この2代目ノートにはスポーティグレードとして「ノート NISMO S」がラインナップされていました。

 NISMO Sの開発と生産はオーテックジャパンが担当し、搭載されたエンジンは、専用の1.6リッター直列4気筒自然吸気で、高圧縮比化してハイリフトカムシャフトが組み込まれるなど、いわゆるメカチューンが施された結果最高出力140馬力を発揮。組み合わされるトランスミッションは5速MTのみです。

 外装では専用のエアロパーツやカラーリングが奢られ、専用エキゾーストシステム、強化サスペンション、専用ブレーキシステム、ボディ補強、ハイグリップタイヤなどが装備されています。

 NISMO Sは日常的な使い勝手もよく、オールマイティな本格的スポーツコンパクトとして人気がありました。

 そして、2020年12月に3代目ノートが発売。全車e-POWERとなったことから、MTモデルもNISMOシリーズも消滅。

 現在、NISMO Sの中古車は、低走行の比較的良質な物件ならば200万円台前半で安定しており、新車価格に近い物件もあるほどです。

日産・ノート の中古車をさがす

●トヨタ「ヴィッツ GRスポーツ“GR”」

足まわりとシャシを中心にチューニングされた「ヴィッツ GRスポーツ“GR”」
足まわりとシャシを中心にチューニングされた「ヴィッツ GRスポーツ“GR”」

 トヨタ初代「ヴィッツ」は「スターレット」の後継車として1999年にデビュー。プラットフォームからパワートレインまですべてが刷新された新世代のコンパクトカーです。

 2020年に4代目が登場すると、グローバルで統一された車名の「ヤリス」に変わりました。

 3代目までのヴィッツでは、スポーティグレードの「RS」が存在していましたが、2017年に「G’s」シリーズに続く新たなスポーティモデルの「GRスポーツ」と「GRスポーツ“GR”」が登場します。

 GRスポーツ/GRスポーツ“GR”ともに、109馬力を発揮する1.5リッター直列4気筒エンジンを搭載。エンジンスペックだけを見ると平凡ですが、足まわりやシャシを中心にチューニングされています。

 なかでもよりハードなGRスポーツ“GR”では、ローダウンされた専用強化スプリングに、減衰力を高めたショックアブソーバーで足まわりをチューニング。専用ブレーキキャリパーとスポーツブレーキパッドが採用され、さらにシャシの各所に補強パーツを追加して剛性アップが図られています。

 また、内装もスポーツシートと小径ハンドルを装備し、GRスポーツ“GR”ではメーターパネルも専用で、センターにタコメーターを配置するなど、レーシーな演出が施されています。

 現行では、2020年9月に「GR ヤリス」が登場したことで、スポーツグレードはヤリスとは大きく異なるモデルへと変貌しました。

 GRスポーツ/GRスポーツ“GR”は比較的短命で物件数も多くなく、現在の相場はGRスポーツで170万円前後、GRスポーツ“GR”は180万円から200万円の間です。

トヨタ・ヴィッツ の中古車をさがす

【画像】もはや希少なモデルになりつつある? スポーティなコンパクトカーを見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント