美しすぎる日産新型SUV「キャシュカイ」に限定モデル登場!高級車並みの装備が満載

3代目となる日産新型「キャシュカイ」が世界初公開されましたが、早くも特別モデルとして「プレミアエディション」の予約が開始されました。新型キャシュカイ プレミアエディションは、フランスにおいて1000台限定で2021年夏に発売されます。

高級車並みの特別装備を備えたキャシュカイ限定車とは

 2021年2月18日に世界初公開された日産新型「キャシュカイ」ですが、フランス市場向けに特別仕様車「プレミアエディション」が設定され、予約が開始されました。

 3代目となるキャシュカイは、洗練されたデザインや快適性、効率的なパワートレインといった最新技術を採用するとともに、先進安全性も進化します。

日産新型「キャシュカイ プレミアエディション]
日産新型「キャシュカイ プレミアエディション]

 今回特別に設定されたプレミアエディションは、高級車に搭載される装備を追加してより利便性を高めました。

 中央にはインフォテインメントシステムを内蔵した9インチTFTスクリーンを採用するとともに、メーターは12インチのTFT液晶メーターを装備しました。

 これらに加えて、セグメント最大となる10.8インチのヘッドアップディスプレイを搭載。ドライバーの視界に速度やナビゲーション、道路情報を表示し、ふたつの画面と合わせて運転中に必要な情報に簡単にアクセスすることが可能となります。

 さらに、ワイヤレス充電パッドも搭載。スマートフォンを無線で充電している間もApple CarPlayを介して接続することができるとともに、合計4つのUSB充電ポートを備えることですべての乗員がスマートフォンと接続できる環境を整えました。

 キャシュカイ プレミアエディションには、新たにグレードアップした「プロパイロット withナビリンク付き」が設定され、より幅広い状況でドライバーをサポートしています。

 また、先進のドライビングビーム技術を搭載したLEDマトリクスヘッドライトが夜間のドライブをアシスト。ヘッドライトは、明るく強いビームを広範囲に照射し、優れた視認性を実現しています。

 その一方で、対向車を検知するとビームの形状が変化し、対向車のドライバーが眩惑されることなく、道路の残りの部分がはっきりと照らされた状態を保つことも可能としました。

 キャシュカイ プレミアエディションの外観は新デザインの18インチダイヤモンドカットアルミホイールを装着。キャシュカイの美しいスタイルをさらに引き立てます。

 ボディカラーとして、より自分好みの選択ができるツートーンカラーが導入。ニューブルー、パールグレー、パールホワイトのボディカラーにブラックルーフを組み合わせています。また、マットシルバー仕上げのルーフレールを採用しました。

 インテリアは、ブラックのクロストリムやダッシュボード、センターコンソールとグレーのルーフトリムを組み合わせることで、洗練した雰囲気を演出。加えてパノラマルーフを装備することで、風通しの良い車内を実現しました。

 キャシュカイ プレミアエディションのパワートレインは、従来モデルの1.3リッターターボエンジンを大幅に進化させ、マイルドハイブリッドシステムを搭載して効率が向上。

 リチウムイオン電池を追加することで、アイドリングストップ機能(時間)の延長や再始動時間の短縮、ACC作動時にコースティングストップ機能を備えました。このシステムは最大20秒で6Nmを発揮し、加速時のトルクをさらに向上させるというものです。

 なお、プレミアエディションに搭載される1.3リッターエンジンは2種類の設定があり、140hp(6速MT)と158hp馬力(CVT)を用意しています。

 キャシュカイ プレミアエディションはフランスで1000台限定で販売され、価格は6速MT車が3万6240ユーロ(日本円で約464万円)、CVT車が3万9340ユーロ(同504万円)です。発売は2021年夏を予定しています。

【画像】日本でも売ってほしい! 素敵すぎる日産新型「キャシュカイ」(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. オシャレなSUV。日本に欲しい車種でしょう。ヨーロピアンで洗練されています。おまけにイーパワー搭載であれば日本で売る価値がある。そこそこの大きさだから問題もないと思う。デュアリスユーザーだけで無く他の車種ユーザーも乗り換えたくなる車間違いなし。