ホンダ新型「ヴェゼル」が激変!? 高級感マシマシ! 新旧モデルはどこが違う?

2代目となるホンダ新型「ヴェゼル」が世界初公開されました。大きく進化を遂げた新型ヴェゼルですが、従来モデルとはどのような点が違うのでしょうか。新旧モデルを比較してみます。

デザイン激変! 新旧ヴェゼルはどこが違う?

 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型モデルが2021年2月18日に世界初公開されました。
 
 2013年12月に登場した初代ヴェゼルは、クーペテイストを取り入れた都会的なSUVとして人気を博し、2014年、2015年、2016年、2019年と4度のSUVナンバー1を獲得しています。
 
 約8年ぶりの登場となる新型ヴェゼルですが、従来モデルと比べてどのようなところが進化しているのでしょうか。新旧モデルを比べてみます。

左:従来型ヴェゼル/右:新型ヴェゼル
左:従来型ヴェゼル/右:新型ヴェゼル

 新型ヴェゼルの外観は、よりクーペスタイルを強調した流麗なフォルムへと変更されるとともに、上質感がアップしました。

 従来モデルのボンネットはふくらみを持たせた形状でしたが、新型は前へ突き出した立体感のあるノーズに刷新。

 フロントフェイスはシャープなデザインのヘッドライトと、ボディ同色の個性的なルーバーグリルを採用することで、精悍さと力強さを兼ね備えたデザインへと生まれ変わりました。

 なお、新型ヴェゼルのウインカーは、光が流れるように光るシーケンシャルターンシグナルランプ(フロント)となります。

 リアのデザインも大きく変更され、とくに横一文字に光るリアコンビネーションランプが洗練された印象を与えています。

 また、サイドの伸びやかなスタイルが新型ヴェゼルの特徴ともいえますが、Cピラーに内蔵されたドアノブは従来モデルから引き続き採用されました。

 内装は、オーソドックスだった従来モデルから一転、シンプルながら洗練されたデザインへと進化しています。

 HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)に基づいたインテリアは、運転時の視界に入りやすい位置にメーターやオーディオパネルを配置。

 さらに、着座位置を崩さずに自然に手が届く場所にスイッチ類を設置することで、スムーズな運転動作が可能になりました。

 従来モデルのセンターコンソールはフローティングタイプでやや高い位置に設置されていましたが、新型モデルでは高さを抑えた一般的な形状に変更。

 また、従来モデルのハイブリッド車はスティック状のシフトノブを採用していましたが、新型モデルはストレート式になりました。

 新型ヴェゼルは「パノラマルーフ」を採用し、前席・後席ともに開放感のある室内を実現しています。

 このパノラマルーフは、ルーフ幅のギリギリまで広げた大開口ながら、日差しの熱をほとんどカットする「Low-Eガラス」を採用することで、快適な室内環境が保たれているといいます。

※ ※ ※

 ほかにも新型ヴェゼルで新搭載される機能として、「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付き)」や「新設計のエアコン吹き出し口」、「ヒルディセントコントロール」、「静電タッチ式 LEDルームランプ」、「独自開発のプレミアムサウンドシステム」などが装備されました。

【画像】これが新型ヴェゼル!? 上質感増した新型と従来型を見比べる(46枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント