黒がスポーティさを際立たせる! ホンダ「CR-V」に「スポーツライン」追加

欧州ホンダは、「CR-V 2021年モデル」に新グレードの「スポーツライン」を追加しました。また、欧州では2車種目となる「e:HEV」をCR-Vに設定しています。

「CR-V」にスポーティな「スポーツライン」登場

 ホンダの欧州法人は「CR-V 2021年モデル」の新グレードとして「スポーツライン」を設定することを発表しました。

 スポーツラインは、欧州で販売されている「シビックタイプR」にもラインナップされており、スポーティで洗練されたスタイリングを実現するモデルです。

ホンダ「CR-V スポーツライン」(欧州仕様)
ホンダ「CR-V スポーツライン」(欧州仕様)

 CR-V 2021年モデルのスポーツラインのインテリアは、センターコンソールやドアカード、ダッシュボード下部のグローブボックスなどにシルバーのアクセントラインを施すなど、モダンな印象としました。

 また、「エレガンス(SE)」モデルにはスタイリッシュな18インチホイールとプライバシーガラスを新採用。最上級グレードの「エグゼクティブ(EX)」にはワイヤレス電話充電機能を追加しています。

 エクステリアでは、ボディカラーとして「クリスタルブラック」と「プラチナホワイト」の2色を用意するとともに、ヘッドライトトリムやウイングミラー、ウィンドウサラウンドなどに黒いアクセントを施しています。

 また、アルミホイールやホイールナットもブラック塗装としました。

 さらに、フォグランプまわりとグリルにダーククローム仕上げを施し、バンパーやドア、テールゲートにアクセントを加えています。

 加えて、FF車およびAWD車にはプライバシーガラスを標準装備することで、洗練されたエクステリアを完成させました。

 インテリアは、ブラックのウッドパネルが採用され、インパネやハンドル、シフトレバー、ドアハンドルなどにピアノブラック仕上げが施されました。

 さらに、ブラックのヘッドライニングやピラートリム、レザーシートがスポーツラインの魅力を高めています。

※ ※ ※

 ホンダは、2022年までに欧州の主要ラインナップの100%を電動化するという目標を掲げていますが、2020年に発売された新型「ジャズ(日本名:フィット)」に続き、CR-V 2021年モデルにも「e:HEV」が設定されました。

 CR-V e:HEVは、2019年にCR-Vに初めて導入された先進ハイブリッドパワートレイン技術「i-MMD」を踏襲。

 2リッターi-VTECガソリンエンジン(145馬力)と電気モーター(184馬力/315Nm)を搭載し、パワフルな走りと低燃費性能を両立しました。

 e:HEVモデルにはブルーに縁取られたホンダバッジが与えられ、環境性能の高さを強調しています。

ホンダ・CR-Vのカタログ情報を見る

【画像】ホンダ「CR-V スポーツライン」がクールでカッコイイ! (7枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント