日産の商用車がカッコいい! タフで上質な新型「NV300コンビ」登場

欧州日産は、ヨーロッパで販売している商用車「NV300コンビ」の新型モデルを発表しました。2021年5月に欧州全土で発売される予定です。

排ガス規制をクリアしたディーゼルエンジン搭載

 日産の欧州法人は、ヨーロッパで販売されている小型商用車「NV300コンビ」の新型モデルを発表しました。

 新型NV300コンビは、新しいユーロ6dに対応したパワートレインやよりシャープな外観、多数の新技術が搭載され、実用的でありながら快適性を向上させています。

日産が欧州で販売を予定している新型「NV300コンビ」
日産が欧州で販売を予定している新型「NV300コンビ」

 NV300コンビのキャビンは全面的に刷新され、ドライバーの快適性が向上。座席は、5/6/8/9人乗りのシート構成が可能で、助手席ベンチシートと折りたたみ式の取り外し可能なシートを備えて多様性を最大限に高めています。

 ダッシュボードも一新され、サテンクロームボタンとダークカーボンのコーディネートを採用し、高級感のあるインテリアとしています。

 また、収納量が88リットル以上増え(助手席下収納コンパートメント54リットルを含む)、新型NV300コンビはクラス最高の収納力を備えました。

 新型NV300コンビの外観は、2020年に登場した「NV400」から導入したインターロックグリルを採用し、タフでダイナミックな印象です。

 LEDヘッドランプやデイタイムランニングランプを採用するとともに、オプションで17インチホイールを装着することで、外観の質感が向上しました。

 よりシャープで力強くなった外観に加えて、NV300コンビには新しい先進運転支援システム(ADAS)が搭載されて安全性と快適性を強化。家族やビジネスオーナーが安心して運転できるようになっています。

 新型NV300コンビには、ブラインドスポット警告や車線逸脱警告、交通標識認識、アダプティブクルーズコントロール、車間距離警告などの安全機能がグレードに応じて搭載。助手席用フロントエアバッグも改良が施されました。

 さらに一部のグレードには車載コネクティビティも装備され、長時間の移動もより快適に過ごせます。

 高性能マルチメディアソリューションは、マルチタッチ8インチのNissanConnectスクリーンを搭載。スマートフォン(Android Auto/Apple CarPlay)を介してインフォテインメントとナビゲーションを利用可能です。

 新型NV300コンビは2リッターdCiディーゼルエンジンを搭載し、出力は110hp(MT)、150hp(MT&AT)、170hp(AT)の3種類から選択できます。

 また、可変ジオメトリーターボチャージャーを搭載することで、110馬力から170馬力までの高出力化と最大380Nmのトルクを実現しました。

 なお、いずれも欧州の最新のユーロ6d排出ガス基準をクリアしています。

 新型NV300コンビは、2021年5月からヨーロッパ全土で発売される予定です。

【画像】商用車だけどスタイリッシュ! 日産新型「NV300コンビ」登場(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 寸法の情報はめちゃくちゃ重要だと思うんですが、それが無いのはワザとなんですか??

  2. 商用車じゃない。ワゴンじゃないの?

  3. 日産は欧米ではこの様な斬新なデザインです魅力的な車が有りながら国内販売しないのが不思議だ。
    海外では認められた車で有りながら国内では何時迄も脱皮出来ない頭の硬い経営陣にはほとほとうんざりしてます。901運動のときの様な素晴らしい日産に今一度頑張ってください。

    • 日本国内での販売台数を考えると国内生産では割に合わなく、わざわざ輸入してまで売るのもリスクが多いのでは?
      日本の企業でありながら他国が主マーケットなので利益を考慮すると販売車種を絞り込まざるを得ないかと。