コロナ禍でもトヨタ営業利益は2兆円予想! 急回復で日本経済に明るい兆しとなるか

トヨタが2020年第3四半期(2020年10月から12月)の決算報告を発表しました。それによると、新型コロナ禍でもグローバルで販売が回復し、収益を上方修正することが明らかになりました。

トヨタが凄い回復力! 2020年第3四半期決算報告発表

 2021年2月10日に、トヨタ自動車が2020年第3四半期(2020年10月から12月)の決算報告を発表しました。

 データを見たら驚きの連続といってよい状況。トヨタも新型コロナ禍を受け、2020年4月の世界販売台数は対前年比54%と半分くらいまで急減している。

新型コロナ禍でもトヨタが急回復
新型コロナ禍でもトヨタが急回復

 なかでも厳しかったのが新型コロナによるロックダウンを連発した欧州で、対前年比16%です。

 4月の販売台数急減のニュースは2019年の決算発表時期と重なったため、大半の自動車メーカーは2020年の決算予想を出せず。巨額の赤字を発表すると、株価の大幅な下落などさまざまな影響が出るからです。

 そんななか、トヨタは黒字予想ながら大幅減益の予想を出した。トヨタが目安を出さないと部品産業も将来の生産計画を立てられないからだ。

 けれど大手メディアはそう考えなかった。トヨタだけ数字を公開したことから「トヨタ80%の大減益!」という記事を出す。

 我が国の大手メディアの残念な体質なのだけれど「強いものが弱ったときに叩く」とか「人の不幸を積極的に紹介する」ことを大いに好む。トヨタの大減益予想、数字を稼げるネタという判断をしたようだ。

 一方、トヨタは前向きだった。世界規模で新型車を予定通り発表。日本でも2020年6月に「ハリアー」や8月に「ヤリスクロス」を発表しています。

 ディーラーに聞いたところ「4月こそ厳しかったですが、5月になるとお客さまも戻り始めました」とのこと。

【画像】ランクル・アクア・カローラクロス! 2021年登場予定のトヨタの新型車(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 「強いものが弱ったときに叩く」とか「人の不幸を積極的に紹介する」ことを大いに好む。

    これマツダやホンダに対する、国沢さん態度そのものでは?

    • 10年ほど金沢さんのブログを読ませていただきますが、その流れを見ていると、このようなご意見を持たれている方には不本意な意見でしょうが、そうは思えません。むしろ、トヨタの章男社長就任して間もない間、安かろう悪かろうなクルマを作っていた頃は、トヨタこれじゃいかんというご意見を発していました。

    • 自分は国沢さんのブログは2、3年前からしか見てないですが、国沢さんが自動車メーカーを批判するのは外的要因で弱っているときではなくて、内側から腐ってきていることを指摘するときですね。
      マツダやホンダを批判してる理由もそればかりのようですし。
      あと、批判対象の企業の社員の方とも交流が有るようですし、一部メディアやそれに騙される大衆のように「大企業の赤字転落ざまあみろ」とは思っていないと思いますよ。