【昭和の原付】乗りやすいコンパクトサイズの50ccスクーター・スズキ「蘭」

年間25万台販売されたスズキの原付50ccスクーター「蘭」は、昭和58年1月に発売されました。

女優を起用した広告にも注目が集まったスズキの原付スクーター

 スズキは、昭和58年1月に50ccスクーター「蘭」を発売しました。可憐さと優しい響きを持った花「蘭」を名前に採用した理由は、スクーターやバイクとしては珍しい日本語を採り入れ、さらに広告には人気女優の伊藤蘭さんを起用することで親しみやすさを狙っていました。

【画像】スズキ「蘭」の画像を見る(5枚)

スズキの原付スクーター「蘭(スーパーデラックス)」

 蘭は、キュートでコンパクトなスタイリングに強制空冷2サイクルエンジンを搭載し、最高出力3.6ps/5500rpmを発揮しています。搭載されたオートマチック機構や軽量の車体と相まって軽快な走行感と低燃費を実現。さらに細身の車体と低いシート高(680mm)で乗り降りがしやすい車体設計となっています。

車体前方に採用された25×25Wの大型ヘッドランプ

 車体前方に採用された大型ヘッドランプは、25×25Wで夜間走行において視認性向上を目指し、見やすいメーターパネルには、燃料計(カスタム仕様)や油量渓谷とも装着されています。

 始動方式は、キック式(デラックス)とセルスターター併用(スーパーデラックス・カスタム)があり、点火方式はP・E・I(無接点点火方式)です。安全面においては、初心者でも操作しやすい“あんしんスタート”機構(左側ブレーキを握らないと始動不可)を採用しています。

 8インチホイールに装備された前後ブレーキは、リーディング・トレーリングブレーキを採用し、安定した制動力を発揮。ハンドブレーキの採用で操作も簡単になっています。

スズキの原付スクーター「蘭(デラックス)」

 蘭の価格は、デラックス6万9000円、スーパーデラックス7万9000円、カスタム8万9000円でした。なお、昭和58年の年間販売目標台数は、25万台です。

■スズキ「蘭」主要諸元
全長×全幅×全高:1505mm×640mm×920mm<デラックス・スーパーデラックス>/975mm<カスタム>
シート高:680mm
乾燥重量:42kg<デラックス>/44kg<スーパーデラックス・カスタム>
エンジン形式:2ストローク・単気筒
総排気量:49cc
最高出力:3.6ps/5500rpm
最大トルク:0.50kg-m/4500rpm
燃料タンク容量:2.8リットル
オイルタンク容量:0.8リットル
冷却方式:強制空冷
クラッチ形式:湿式自動遠心シュータイプ
変速機形式:オートマチック
ブレーキ形式:リーディング・トレーリング

提供:バイクのニュース


カワサキ新型「J300」発表 デザインはまさにスクーター版「Ninja」?


ホンダ「クリック125i/150i」新型登場 プレミアムでスポーティな最新スクーター


ドラマで松田優作が乗ったベスパに近い「プリマベーラS150」 走りや装備は現代的!


ヤマハから新型「EC-05」登場!最大110kmの航続距離を実現した次世代の電動スクーター


スズキ新型「バーグマン200」登場 高速道路も走行可能なコンパクトスクーター

【画像】スズキ「蘭」の画像を見る(5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント