【昭和の原付】生活の足やビジネス用途にも適したスクーター「スズキ・モレ」

「モレ」の語源は、フランス語で「ふくらはぎ」を意味し、しなやかで脚力があり乗り心地の良さを強調し命名された原付スクーターです。

買い物やビジネスでも便利な原付スクーター!

 スズキは、従来のファミリーバイクと一線を画したバーステップバイクの原付「スズキ・Mollet(モレ)」を昭和61年8月に発売しました。

【画像】スズキ・Mollet(モレ)の詳細を見る(8枚)

昭和61年に発売されたバーステップバイクの原付「スズキ・Mollet(モレ)」

 特徴的な車体は、パイプアンダーボーンタイプを採用し、直線を基調としたシャープなデザインで仕上げ、エンジンは強制空冷2ストローク50cc単気筒エンジンを搭載、最高出力6.0ps/6500rpmを発揮しています。また、足付き性に優れたバーステップ方式を採用することで操安性に配慮し、買い物などに便利なフロントバスケットや後部にソフトトップ付きのリアキャリアを装備(前5kg/後10kg積載可能)することで積載性も十分に考慮されています。

 変速機は、エンジン出力を有効に伝えることができるVベルト無段変速方式を採用し、滑らかな加速性を確保しています。指導方式は、セル・キック併用式でブレーキ操作時のみ使用可能な“あんしんスタート”機構を装備。点火方式はメンテナンスの必要がないP・E・I(無接点点火方式)で、オートコックの採用と合わせて操作性の向上が図られていました。

バーステップを採用し、レッグシールドは泥跳ねや埃を効果的に防止

 モレのフロントフェンダー、リヤフェンダー、ステップ前面のレッグシールドは泥跳ねや埃を効果的に防止しています。また、ヘッドランプはフロントバスケット下部に車体と一体に組み込まれ荷物を積載した場合でも照射が遮られることはありません。

ヘッドランプはフロントバスケット下部に車体と一体に組み込まれています

 クッション性、ホールド性に優れたシートは、レザーを真空一体成形したものを採用し切れ目のない作りとなっています。シート下部には燃料タンク、オイルタンクには、補給時期を知らせるフューエルメーターとオイルランプが装備されています。

 スズキ・モレの価格は13万9000円、年間販売目標台数は2万台でした。

■スズキ・モレの主要諸元
全長×全幅×全高:1570mm×640mm×985mm
シート高:690mm
乾燥重量:62kg
エンジン形式:2ストローク・単気筒
総排気量:49cc
最高出力:6.0ps/6500rpm
最大トルク:0.69kg-m/6000rpm
燃料タンク容量:3.7リットル
オイルタンク容量:1.1リットル
冷却方式:強制空冷
クラッチ形式:乾式自動遠心シュータイプ
変速機形式:Vベルト無段変速
ブレーキ形式:リーディング・トレーリング

提供:バイクのニュース


ヤマハは時代を先取りしていた! 登場が早すぎた名車「SDR」


『ホンダ最高傑作』 2サイクルスーパースポーツ「NSR250R(MC16)」


本気になったホンダとHRCを世界は止められなかった! レースに勝つために誕生したVTR1000SPWとは?


若者の心をガッチリ掴んだ! 80年代を代表する原付スクータースズキ「Hi-R」


世界初採用満載! スポーツ感覚あふれるスクーター「ホンダ・ビート」

【画像】スズキ・Mollet(モレ)の詳細を見る(8枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント