ソニーが車を本気で開発? 「ビジョンS」テストの目的とは 市販化は「ファブレス化」が鍵を握る?

ソニーは試作車「ビジョンS」の公道テスト走行を欧州で開始したと、家電・ITの世界最大級見本市「CES2021」で発表しました。自動車メーカーではないソニーがクルマを本気で開発する狙いはいったいなんでしょうか。また、量産化の可能性はあるのでしょうか。

ソニーのクルマが量産される可能性はある?

 ソニーが開発したドローン「Airpeak」で撮影したテストコース上空からの映像。そこに、欧州オーストリアのナンバープレートを付けたソニーのクルマ「VISION-S」(ビジョンS)の姿が見えます。

 その後、ビジョンSは工業団地の敷地内を通り、雪深い山間部のワインディング路へと進んでいくというストーリーが展開されます。

 これは、ソニーが米ラスベガスで開催された家電・ITの世界最大級見本市「CES2021」(2021年1月)のオンライン会見で紹介した、ビジョンSの実車が公道を走行する模様です。CG映像ではなく、リアルワールドでの出来事です。

ソニーが公道試乗を開始した試作車「VISION-S」(画像:ソニー公式ウェブサイトより)
ソニーが公道試乗を開始した試作車「VISION-S」(画像:ソニー公式ウェブサイトより)

 ビジョンSは、1年前に開催されたCES2020で世界初公開され、その後に日本でも報道陣向けに実車が公開されましたが、公道を走行する様子が確認できたのは、今回の映像が初めてとなります。

 ソニーとしては、自動運転レベル2による高度な運転支援システムに不可欠なイメージセンサーを量産しており、その技術を活用したEVの実験車両としてビジョンSを位置付けてきました。

 ただ、直近では米アップルが韓国ヒュンダイに対して自動運転EVの生産を依頼することが決まったという一部報道があり、またグーグルのグーグルカーによるロボットタクシー事業の本格始動に向けた準備段階にあるなど、IT大手の自動車産業への参入が大きな話題となっています。

 そうしたなかで、ソニーのクルマに量産の可能性はあるのか、気になるところです。

 まずはビジョンSに対するソニーの狙いについて、CESでのプレゼンテーション、決算報告書、また投資家向けの事業計画書など、ソニーがこれまで公開している内容をまとめてみます。第一の狙いは、イメージセンサー事業の「見える化」です。

 2020年10月時点での、ソニーのセグメント別の2020年度売上見通しは次の通りです。

・ゲーム&ネットワークサービス:2兆6000億円
・音楽:8500億円
・映画:7600億円
・エレクトロニクス・プロダクト&ソリューション:1兆8700億円
・イメージング&センシング・ソリューション:9600億円
・金融:1兆4600億円

 売上高は連結で8兆5000億円となります。

 このうちイメージング&センシング・ソリューションでは、モバイル機器やデジタルカメラ、さらに自動車の各種センサー向けなどが含まれます。

 車載センサーについては、半導体メーカーなどによる競争が激しくなっています。

 半導体大手の米オン・セミコンダクターがスバルのアイサイトX試乗会の際に示した資料では、車載イメージセンサーではソニーのシェアは3.0%、センシングカメラでは5.1%、そしてリアビューや全周囲カメラでは2.2%にとどまっており、まだまだ伸びしろがあります。

 ただし、ゲームや家電ではソニーは有名でも自動車向けでは、最終組立をおこなうOEM(自動車メーカー)、デンソーやボッシュなどの大手部品メーカー(ティア1)に対して、ソニーの立場はティア1に部品を提供するティア2という裏方としての存在であり、一般的な認知度は高くありません。

 そこで、ソニーの得意な音響・映像のエンターテインメント機器も含めて、ソニーのクルマというショーケースとしたのがビジョンSなのです。

【画像】ソニー渾身の大型EVセダンが超カッコ良い! 「ビジョンS」の全容を見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 作って開発に使うのはメリットがある。
    センサーの性能や消費する電力の確認やバッテリーの性能・開発はある程度、自分でしないと交渉で強気に出れない。
    ただ売るのにメリットがあるか言えばほとんどない。
    値引きだ、ディーラー網だ、サービス網だと言えば金がかかるし、タイヤだガラスだと総合商品でそのメーカとの取引も膨大なるし、今後販売はさておいいぇもサービス10年20年と続けないといけないから、家電よりも期間がいるし、当然細かい部品でも長期にわたって保有しないといけない。
    それを考えれば手を出さないのでは?