最高速度320キロ!! 「ウルス」なんて目じゃないマンソリー「RS Q8」

スーパーSUVの世界では、最高速度が300km/hを上回るモデルも少なくない。ランボルギーニ「ウルス」の305km/h、ベントレー「ベンテイガ スピード」の306km/hあたりが、現在の最速SUVである。しかし、マンソリーが手がけるアウディ「RS Q8」は、さらに速い320km/hをマーク。最速SUVのチューニングテクニックを紹介しよう。

「ウルス」よりも迫力満点のマンソリー「RS Q8」

 アウディのSUVラインナップのなかのトップモデルは、「RS Q8」だ。

 5mを超える全長と2mという全幅、ホイールベースがほぼ3mという大柄なボディに、600ps/800Nmを発生する4リッターV型8気筒ターボエンジンを搭載したこのモデルは、陸の王者と呼ぶにふさわしい。

 このRS Q8をベースとしたコンプリートカーを、マンソリーが開発した。

ABT「RS Q8-R」の最高速315km/hを超えたマンソリーの「「RS Q8」
ABT「RS Q8-R」の最高速315km/hを超えたマンソリーの「「RS Q8」

 マンソリーがアウディをベースにコンプリートカーをつくるのは、R8/RS7/RS6に続き4モデル目となる。マンソリー×アウディでは初のSUVだが、そのコンセプトは、マンソリーのフィロソフィそのものとなっている。

 まずは外観から見ていこう。ボディキットとして装備されているのは、カーボンファイバーを素材としたフロントバンパーとサイドスカートやフェンダーを含むワイドボディエクステンション、そしてリアディフューザーとフロントグリルカバーとなる。

 それに加えて、フロントグリルに追加装備するフロントマスクスプリッターと、フロントバンパーに追加するカナード、フロントフェンダーも装備。これらもすべて、カーボンファイバー製だ。

 リアまわりでは、ルーフスポイラーとリアウインドウ左右に装備されるスプリッター、ハッチゲートにセットするダックテールスポイラーが目を引く。

 ボンネットやドアミラーカバー、リアバンパーのダクトカバーも含めて、やはりすべてが、マンソリーが所有するオートクレーブで製造された、カーボンファイバー製となる。

【画像】「ウルス」を超えたマンソリー「RS Q8」とは(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント